メイン画像

関東甲信は13日(金)から14日(土)は広く雨が降るでしょう。活発な雨雲がかかり、大雨となる恐れも。沿岸部を中心に風が強まり、横殴りの雨になる所もあるでしょう。

13日(金)〜14日(土)は大雨の恐れ

画像A

この先、前線が次第に本州付近まで北上する予想です。また、13日(金)から14日(土)にかけては日本海を低気圧が進むため、本州付近に雨雲のもととなる湿った空気が流れ込むでしょう。

関東甲信は、きょう11日は晴れ間が広がりますが、12日(木)は雲が多くなり、夜は雨の降りだす所がありそうです。13日(金)から14日(土)にかけては、広く雨が降るでしょう。活発な雨雲がかかり、土砂降りやザーザー降りの雨になる所もありそうです。警報級の大雨となる恐れもあり、警戒が必要です。アンダーパスなど低い道路の冠水にご注意ください。沿岸部を中心に風も強まり、横殴りの雨になる所もあるでしょう。

なお、9日、川に面した斜面で大規模な土砂崩れが発生した長野県栄村でも雨脚が強まる恐れがあるため、注意が必要です。

来週も曇りや雨の天気が続く

関東甲信は、15日(日)以降も雲が広がりやすく、雨の降る日があるでしょう。しばらく梅雨のようにぐずついた天気になりそうです。洗濯物はためこまずにこまめに片づけた方が良いでしょう。

気温は日によって変化が大きくなりそうです。14日(土)は所々で夏日(最高気温25℃以上)になるでしょう。一転して、15日(日)は最高気温は平年を下回り、20℃に届かない所もありそうです。服装で上手に調節して、体調を崩さないようお気をつけください。