きょう午後は、四国地方の雨はいったん小康状態となっていますが、あす12日からあさって13日には前線や低気圧の影響で、再び広く雨となりそうです。太平洋側を中心に大雨となるおそれがあるため注意が必要です。

12日から13日にかけて雨が続き、大雨となるおそれも

画像A

きょうの四国地方は、午前中は気圧の谷や湿った空気の影響で全般に雨が降りましたが、午後は雨の範囲は狭くなっています。ただ、このあとも天気は回復とはいかず、雲に覆われて、夜遅くからは太平洋側から再びまとまった雨雲がかかり始めるでしょう。

あす12日(木)は、西日本の南海上にかけて前線がのび、九州の西の前線上を低気圧が進む見込みです。このため、あすに入ると太平洋側から雨となり、瀬戸内側も朝から雨となるでしょう。あすも通勤・通学時間帯から雨具が必要となりそうです。また午後は太平洋側を中心に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所もありそうです。

あさって13日(金)は、前線上の低気圧が四国付近を進む見込みです。このため雨の天気が続き、雷を伴って激しく降る所もあるでしょう。
14日(土)は、明け方にかけて雨が降りますが、その後は次第に前線は南へ離れるため、雨はやんで曇り空となりそうです。

雨の強さと降り方

画像B

1時間に30ミリ以上の激しい雨は、バケツをひっくり返したように降り、道路が川のようになります。また1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨では、滝のようにゴーゴーと降り、傘が役に立たないようになります。また水しぶきで辺り一面が白っぽくなって見通しも悪くなるため、車の運転なども危険になります。
あすからしばらく雨の天気が続き、太平洋側を中心に非常に激しく降る所もあり、大雨となるおそれがあります。最新の気象情報や交通情報をチェックして、土砂災害や低地の浸水、河川の増水などに注意してください。