メイン画像

東海から関東の一部に雨雲が流れ込んできています。東海はこれから次第に本降りの雨になりそうです。夕方には関東も雨が降り出し、今夜からあす13日(金)朝にかけて、東海や関東では激しい雨や雷雨に注意が必要です。雨のピークは2回あり、バケツをひっくり返したような雨や、土砂降りの所も出てくるでしょう。

前線や低気圧の影響 西日本はすでにまとまった雨

きょう12日(木)は、九州の西に前線を伴った低気圧があり、東へ進んでいます。
低気圧は今夜には四国付近へ進み、あす13日(金)は東海や関東付近を通り、あす夜には三陸沖へ進む見込みです。
本州の南岸にのびる前線に南からかなり湿った空気が流れ込んで、前線付近で雨雲が発達しやすい見込みです。

西日本は広い範囲で雨が降り、九州南部や四国では土砂降りになっている所もあります。
このあと雨の範囲が東へ広がるでしょう。

夕方から東海は本降りに 次第に関東でも雨

画像B

東海では、すでに雨の降り出している所があり、次第に本降りになりそうです。
特に、三重県には活発な雨雲が長くかかりやすく、局地的に激しい雨が降り、まとまった雨になるでしょう。

関東は、まだ雨が降り出していない所が多いですが、夕方には雨の降り出す所が出てきそうです。このあとのお出かけには傘が必要です。

今夜は太平洋側ほど雨強まる 大雨注意

画像C

今夜には、東海から関東の広い範囲で雨が降り、太平洋側ほど激しい雨や雷雨となる恐れがあります。

帰宅時間帯は、東海では局地的にバケツをひっくり返したような雨が降る見込みです。
関東も夜遅くなるほど、本降りの雨となり、傘を差しても濡れてしまうような土砂降りになりそうです。

お帰りの際には、足元に十分お気をつけください。

あす13日(金)朝にかけて大雨に警戒・注意を

画像D

東海や関東の雨のピークは、2回ありそうです。

最初のピークは、今夜からあす13日(金)朝にかけてです。
2回目のピークは、あす13日(金)夕方からあさって14日(土)の午前中にかけてとなるでしょう。
断続的に雨が強まり、局地的に大雨となりそうですから、警戒・注意をしてください。

あす13日(金)の通勤通学の時間帯は、激しい雨や雷雨となる恐れがあります。落雷や竜巻などの突風にも注意が必要です。
時間には余裕をもって、安全な行動をとるようにしてください。