今日(12日)の中国地方は、前線の上に発生した低気圧が四国付近に進み、前線が西日本の南岸を北上するため、夕方にかけて全般に雨が降る見込みです。
夜は雨が次第にやみますが、明日(13日)は再び雨が降るでしょう。
また明後日以降は晴れる日が多くなる見込みです。

明日(13日)は午後を中心に雨 雨脚が強まる所も

画像A

明日(13日)は前線が西日本の南岸に停滞し、午後は湿った空気の流れ込みがやや強まる見込みです。中国地方は昼過ぎから全般に雨が降り、瀬戸内側では一時雨脚の強まる所があるでしょう。山口県や広島県、島根県西部では昼前から雨が降り始める可能性があります。
日中の最高気温は19度から22度くらいで蒸した感じがするでしょう。

明後日(14日)以降の天気

画像B

土曜日は、午前中は雲が多く日本海側では朝まで雨の降る所がありますが、午後は晴れる所が多くなるでしょう。
日曜日は多少雲が出ますが大体晴れる見込みです。月曜日は瀬戸内側を中心に雲が広がるでしょう。また前線の動き次第では雨が降る可能性があります。その後、火曜日と水曜日は全般に晴れ、木曜日も薄い雲が出る程度でおおむね晴れる所が多い見込みです。来週の水曜日からは瀬戸内側では夏日が続き、日本海側でも気温が上向き夏日になる日があるでしょう。