きょう12日(木)昼頃には関東に雨雲がかかり、都心でもすでに雨が降っている所があります。今夜は関東の広い範囲で雨が降り、夜遅くなるほど雨脚が強まりそうです。14日(土)にかけては、断続的に雨が強まり、大雨に注意が必要です。

東京都心でも雨降りだす

きょう12日(木)昼頃には関東に雨雲がかかり、都心でもすでに雨が降っている所があります。

関東はこのあと所々で雨が降り、今夜にかけて雨の範囲が広がりそうです。
夜遅くなるほど雨脚が強まるでしょう。

大雨のピークは2回あるため、注意が必要です。

あす13日(金)朝 通勤通学は激しい雨や強い雨に注意

画像B

関東の最初の大雨のピークは、きょう12日(木)夜遅くから、あす13日(金)昼前にかけてとなるでしょう。

今夜は遅い時間帯になるほど、発達した雨雲がかかりやすくなり、特に雨の降り方が強まるのが、あす13日(金)の明け方から朝となる見込みです。

関東では、1時間に20ミリから30ミリの雨が予想されていて、特に、神奈川県や千葉県など、太平洋側の沿岸部では、局地的に雷を伴って激しい雨が降りそうです。
東京都心でもあす朝の通勤通学の時間帯は、ザーザー降りや土砂降りの所もある見込みです。

短時間で雨が強まり、道路が冠水し、川のようになる所も出てくるかもしれません。土砂降りの中でも歩きやすい靴で、時間に余裕をもってお出かけください。また、アンダーパスなど低い道路では、冠水する恐れがあります。大雨の際には、車の通行を避けるなど、十分ご注意ください。

あす13日(金)夜 再び朝にかけて雨強まる

画像C

あす13日(金)は強弱を繰り返しながら、雨が続きそうです。

2回目の大雨のピークは、あす13日(金)夜からあさって14日(土)朝にかけてとなりそうです。

まるで梅雨のような湿った空気が流れ込み続け、断続的に発達した雨雲がかかる見込みです。
いったん雨が弱まっても、再び強まることがあります。外出の前は雨雲レーダーなどで雨雲の様子を確認し、発達した雨雲があるか注意するようにしましょう。
自分のいる地域の周辺に、発達した雨雲がかかっている際には、落雷や竜巻などの突風の恐れもあります。雷が鳴る音が聞こえたら、屋外の活動は控えて、早めに安全な建物へ移動するようにしてください。

なお、予報に幅があるため、雨のピークの時間帯も前後する可能性があります。
関東では、14日(土)にかけて大雨となる恐れがあり、雨の降り方によっては、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水などの恐れが出てきます。
雨雲が現在の予想以上に発達した場合には警報級の大雨となる可能性がありますので、ご注意ください。