きょう13日(金)は全国的に前線や低気圧の影響を受ける。沖縄や九州から関東にかけて雨雲が発達しやすく、道路が冠水するような激しい雨の降る所も。

雨 一旦やんでも再び強まる 激しく降るおそれも

きょう13日(金)は、日本の南に前線が延び、次第に北上。前線上の低気圧が東進。前線や低気圧に向かうように南から暖かく湿った空気が流入します。沖縄や九州から関東にかけて、断続的に活発な雨雲がかかるでしょう。雨が一旦弱まったりやんだりしても、再び強まり、道路が冠水するほど激しく降るおそれもあります。
【各地の天気】
●沖縄:雨が降ったりやんだりで、夕方以降は局地的に雷を伴い雨脚が強まるでしょう。
●九州:広く雨で、特に降り方が強まるのは昼過ぎから夕方となりそうです。
●中国・四国・近畿:朝のうちまでは、雨の所は少ないでしょう。昼頃からは雨の範囲が次第に広がり、夕方以降は雨脚が強まりそうです。
●東海・関東甲信:断続的に雨が降るでしょう。ピークは、午前9時頃までと、夕方以降です。夜は沿岸部を中心に風も強まり、横なぐりの雨になる所があるでしょう。
●北陸・東北・北海道:広く雨が降るのは朝のうちと、夜。日中は雲を通して日の差すこともありますが、局地的に雨雲が湧きますので空模様の急な変化にお気を付けください。

最高気温 きのうと同じか低く

最高気温は、沖縄は28℃前後の予想。きのうと同じくらいで、蒸し暑いでしょう。
九州から関東は20℃から23℃くらい。湿度が高いので駅の構内など風の通りにくい場所ではムシッとしますが、屋外では少しヒンヤリと感じることもあるでしょう。脱いだり着たりと、調節のしやすい服装が良さそうです。
北陸と東北の日本海側は、きのうに比べると低め。それでも沿岸部を中心に25℃くらいの所があり、動くと汗ばむほどでしょう。東北の太平洋側は20℃前後の予想です。
北海道は、きのうより低く、12℃から15℃くらい。日本海側ほど、きのうとの体感の差が大きくなりそうです。