きょう16日(月)は、関東や東海など太平洋側を中心に、雨が降るでしょう。日中もひんやりで、上着があったほうが良さそうです。一方、北海道から九州は、日本海側を中心に晴れる所が多いでしょう。

きょうの天気図

画像A

きょう16日(月)は、南西諸島から日本の東に前線が延びるでしょう。前線上には低気圧があって、東北東に進む見込みです。一方、東シナ海にある高気圧が東に移動するでしょう。

全国の天気を詳しく

画像B

きょう16日(月)は、北海道から九州にかけての日本海側を中心に晴れる所が多いでしょう。北海道と東北の日本海側は、一日を通して晴れて、天気の崩れはなさそうです。北陸は晴れ間もありますが、気圧の谷の影響で、雲の広がる所もありそうです。中国地方は昼頃から晴れ間が出るでしょう。九州北部は昼頃までは雲が多めですが、夕方から晴れるでしょう。

一方、太平洋側は曇りや雨の所が多くなりそうです。東北の太平洋側は、南部で雨が降りやすいでしょう。関東甲信は昼頃まで雨が断続的に降るでしょう。朝から日中のお出かけには傘が必要です。東海も日中は雨が降るでしょう。近畿は紀伊半島の一部で昼過ぎまで雨雲がかかりそうです。四国は午後を中心に傘の必要な所がありそうです。九州南部は昼頃まで雨が降るでしょう。奄美は一日を通して雨でしょう。沖縄も昼前から夜にかけて雨が降る見込みです。

最高気温 太平洋側はひんやり

きょう16日(月)の最高気温は、晴れる北海道や東北の日本海側を中心に平年を上回るでしょう。札幌は22℃くらいと6月中旬並みの陽気になりそうです。青森や秋田なども20℃を超えて過ごしやすいでしょう。

一方、曇りや雨の天気になる太平洋側は、この時期としては低い気温の所が多いでしょう。東京都心は16℃くらいで、3月下旬並みになりそうです。お出かけの際は上着があったほうが良いでしょう。東海から九州は20℃以上の所が多いものの、日差しがほとんどないため、ひんやりと感じられる所もありそうです。那覇は20℃くらいで、2月並みの気温です。羽織る物があったほうが良いでしょう。