きょう16日(月)は、太平洋側の沿岸部を中心に雨雲がかかり、やや強い雨の降った所も。関東や東海、四国、九州南部、沖縄を中心に雨が降りそうです。

千葉県ではやや強い雨

きょう16日(月)は、南西諸島から日本の南に前線が延び、前線上には低気圧があります。この影響で、東北南部や関東、東海、近畿、四国、九州南部にかけて、太平洋側を中心に雨雲がかかっています。特に関東の沿岸部では局地的に雨脚が強まり、千葉県勝浦市では未明に1時間に18.0ミリ、銚子市では12.5ミリのやや強い雨が降りました。また、日本海側でも気圧の谷の影響で、北陸などで弱い雨雲がかかっています。

この後の雨の様子は

画像B

東北の南部では夜にかけて雨が降ったりやんだりしそうです。関東も断続的に雨が降るでしょう。内陸では夕方には止む所が多いですが、千葉県など沿岸部では夜にかけて雨雲がかかりそうです。時折、雨脚が強まる所もあるでしょう。

東海は静岡県を中心に雨が降りそうです。紀伊半島の一部では昼頃まで、四国は昼頃から夜のはじめ頃まで雨の降る所がありそうです。九州南部も昼頃まで雨雲がかかりやすいでしょう。

既に梅雨入りしている奄美や沖縄は傘の手放せない一日になりそうです。