あさって18日(水)から最高気温が25℃以上の夏日になる所が急に増えそう。関東など太平洋側も汗ばむ陽気に。熱中症に注意。

前半:17日(火)〜23日(月)

あす17日(火)は広く晴れて、快適な陽気になる所が多いでしょう。ただ、東海や関東は雲が広がりやすく、局地的に雨が降りそうです。

18日(水)は、九州から北海道まで晴れるでしょう。日中は日差しで気温がグングン上昇。19日(木)も広い範囲で晴れて、全国のアメダス地点の約6割で、最高気温が25℃以上の夏日が予想されています。関東では、きょう16日(月)は雨でヒンヤリしていますが、急に暑くなるでしょう。熱中症にご注意ください。

20日(金)以降、九州から関東では前線や湿った空気の影響を受けるでしょう。雲が広がりやすく、太平洋側を中心に雨が降りそうです。22日(日)は次第に天気が回復し、暑さが増すでしょう。福岡の最高気温は30℃の予想です。

沖縄は梅雨前線が停滞して、雨の降る日が多くなるでしょう。晴れ間があっても一時的です。梅雨の最盛期を迎えていて、雨の降り方にご注意ください。

後半:24日(火)〜29日(日)

画像B

24日(火)と25日(水)は晴れる所が多いですが、晴れの天気は長く続きません。27日(金)〜28日(土)にかけては、雨の範囲が東へ・北へと広がるでしょう。この期間も沖縄付近には前線が停滞しやすく、沖縄や奄美は梅雨空が続きそうです。

気温は、平年並みか高いでしょう。九州から関東は内陸部を中心に、最高気温が30℃くらいまで所があり、暑さ対策が欠かせません。日差しがない日は朝からムシムシと感じられ、体にこたえそうです。こまめな水分補給や休憩を心がけてください。