きょう18日(水)の関東は、青空が広がり、気温が上昇。東京都心など夏日になる所が多く、暑くなりそう。こまめな水分補給などで熱中症に注意を。
午後は、山沿いを中心に所々でにわか雨の可能性も。外出の際は雨具があると安心。

久しぶりの青空 洗濯日和に

画像A

きょう18日(水)の関東は、高気圧に覆われて、広く晴れる見込みです。青空の下で、洗濯日和となりそうです。

東京都心では、今月12日(木)からきのう17日(火)まで、6日連続で日照時間が2時間未満でしたが、きょう18日(水)は日差しが降り注ぐでしょう。
買物などお出かけの際は、日傘や帽子などで、紫外線対策をなさってください。

夕方以降は、山沿いを中心に、所々でにわか雨がありそうです。急な雨に注意してください。

夏日の所が多い 熱中症に注意を

最高気温は、きのう17日(火)より高く、内陸部では大幅に高くなる見込みです。

東京都心は26℃の予想で、4日ぶりに夏日となりそうです。横浜は25℃、宇都宮は26℃、前橋と熊谷は27℃の予想です。

ここ数日、ヒンヤリする日が多かったため、体にこたえる暑さとなるでしょう。急な暑さで熱中症の危険度が高くなりますので、服装で調節したり、こまめに水分を補給したりして、熱中症対策を心がけてください。

熱中症 応急処置のポイントは?

画像C

めまいや立ちくらみ、顔のほてりなど、熱中症かなと思うような症状がみられたら、次のような応急処置が必要です。

・まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。

・衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。

・水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。
ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに医療機関を受診してください。