東日本や西日本では、桜が咲き始める季節となりました。しかし、20日(火)から21日(水)にかけて寒の戻りがあり、山沿いを中心に「なごり雪」となる所がありそうです。

寒の戻りとなごり雪

20日(火)から22日(木)にかけて、本州の南岸を前線を伴った低気圧がゆっくりと通過する見込みです。このため西日本や東日本では、天気がぐずつくでしょう。特に21日(水)の春分の日は、関東から西では広く雨で、太平洋側沿岸部を中心に荒れた天気となりそうです。この時期としては強い寒気が流れ込み、内陸では雪になる所があるでしょう。積もるおそれがありますので、最新の気象情報に注意が必要です。また、20日(火)から21日(水)にかけて、全国的に寒の戻りがあり、最高気温が大幅に低くなります。関東甲信では、冬のような寒さになる所もあるでしょう。各地とも19日(月)からの気温差が大きくなりますので、体調管理にも注意が必要です。

桜の開花が進む陽気に

23日(金)から日本付近は高気圧に覆われる見込みです。天気は西から次第に回復し、全国的に晴れ間が戻るでしょう。日増しに日中の気温は上昇する見込みです。25日(日)は、一気にゴールデンウィーク頃の暖かさとなり、春本番の暖かさにホッとできる所が多いでしょう。桜が咲き出した地域では、週末はお花見が楽しめそうです。