この時期、日の出1時間ほど前の南東の空には土星、東の低い空には金星、そして土星と金星の間の金星寄りの位置には火星、木星が見えています。27日にかけて、これらの惑星の近くを月が通りすぎていく様子を観察できます。梅雨入り前、星空観察ができる所が多いでしょう。

27日にかけて 月が惑星に接近

画像A

この時期、日の出1時間ほど前の南東の空には土星、東の低い空には金星、そして土星と金星の間の金星寄りの位置には火星、木星が見えています。
けさ22日は、月が土星の近くに見えていました。27日にかけて、これらの惑星の近くを月が通りすぎていく様子を観察できます。月は徐々に欠けていきながら東へ移動し、25日には火星と木星の近くに見えます。この後も月は東へ移動し、27日にはさらに細くなった月が金星の近くに見えます。

あす23日明け方 天気は?

画像B

あす23日明け方は、九州、中国地方、四国は、高気圧に覆われて晴れる所が多い見込みです。星空観察によい条件でしょう。近畿は太平洋側ほど晴れる見込みです。
近畿の日本海側や東海は雲が広がりやすいですが、雲の隙間から星空を見られる所がありそうです。
関東や北陸、東北、北海道は、気圧の谷の影響で広く曇りや雨でしょう。沖縄は、前線の影響で雨が降る見込みです。

24日〜26日 梅雨入り前の晴れ 広く星空観察にまずまずの条件

24日から26日明け方にかけて、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。九州から北海道は晴れる所が多い見込みです。梅雨入り前の晴れ、星空観察にまずまずの条件といえそうです。ただ、26日は前線の北上で、九州南部には雨雲がかかるでしょう。沖縄は前線や湿った空気の影響で、曇りや雨の梅雨空が続く見込みです。27日は、気圧の谷の通過で広く雨が降るでしょう。