あす24日は、晴れのエリアが広がりそうです。最高気温が30℃以上の真夏日や25℃以上の夏日の所が増えるでしょう。熱中症情報では「警戒」ランクの所も。特に、高齢者や小さいお子さんなどは熱中症にかかりやすいため、いつも以上に気を配るなど注意が必要です。

九州から北海道まで晴れエリア拡大

画像A

きょう23日は、北日本の上空に寒気が流れ込んで、大気の状態が不安定となりました。
北海道や東北付近で局地的に雨雲が発達し、ザっと雨が強まった所もありました。
また、沖縄は梅雨空となり、時折雨脚が強まりました。

あす24日は、日本付近は高気圧に覆われて、広い範囲で晴れる見込みです。

九州から北海道にかけて、日中は広い範囲で晴れる見込みです。
ただ、西日本、東日本では午後から山沿いを中心に、にわか雨や雷雨があるでしょう。

沖縄は雨が続き、特に昼頃までは雷を伴って激しく降りそうです。
午前中は、雨の降り方にご注意ください。

真夏日・夏日地点数が増加

きょう23日は、晴れた地域ほど気温が上がり、九州〜関東の広い範囲で最高気温が25℃以上の夏日となりました。
午後3時までの最高気温は、広島県安芸太田町加計で30.8℃、静岡県浜松市船明(ふなぎら)で30.0℃など真夏日になった所があるほか、三重県桑名市で29.9℃、大阪市で28.1℃など今シーズン一番の暑さになった所もありました。
東京都心も26.1℃まで上がり、夏日となりました。

一方、東北は曇りや雨で気温が上がりにくく、福島市で18.1℃などヒンヤリとした空気に包まれました。

あす24日は東北も含めて、気温が上がり暑くなりそうです。
あす24日の最高気温は、九州から関東、北陸にかけて、25℃以上の夏日の所が多く、熊本や佐賀で30℃の予想が出るなど、真夏日になる所もあるでしょう。
東北でも、福島で28℃、盛岡で25℃の予想です。

きょう23日午後3時までに全国の280地点以上で夏日、3地点で真夏日となりましたが、あす24日は夏日、真夏日ともにさらに増加し、暑くなる所が多いでしょう。

熱中症情報では全国的に「注意」や「警戒」のランクとなっています。
まだ暑さに慣れていない時期ですので、暑さに気を付けて無理をしないようにお過ごしください。

熱中症を引き起こす条件

画像C

熱中症は、誰でも発症するおそれがあり、引き起こす条件は、大きく3つ挙げられます。

1つめは「環境による条件」です。その日の気温が高いだけでなく、急に暑くなった日や、熱波の襲来も危険です。また、湿度が高い、風が弱い、日差しが強いといった気象条件も、熱中症を引き起こします。締め切った室内や、エアコンがない所といった環境も、熱中症には特に注意が必要です。

2つめは「体による条件」です。高齢者や乳幼児、体に障害がある方は、周りの方が特に気をつけてあげてください。肥満や持病(糖尿病、心臓病、精神疾患など)のある方も、熱中症にかかるリスクが高まります。低栄養状態、脱水状態の方は、体にこもった熱を、効率良く体の外へ逃がせなくなるおそれがあります。二日酔いや寝不足などの体調不良でも、熱中症にかかりやすくなってしまいますので、ご注意ください。

3つめは「行動による条件」です。激しい運動をしたり、慣れない運動をしたりすると、体内で熱が発生しますが、その熱が体の中にこもったままだと、熱中症にかかりやすくなります。長い時間の屋外作業や、水分補給がしにくい状況も、熱中症を引き起こす原因になりますので、十分お気を付けください。