あす26日(木)は、天気はゆっくりと下り坂。あさって27日(金)は、本州付近を上空に寒気を伴った低気圧が通過するため、大気の状態が不安定。強い雨や落雷などに注意が必要です。28日(土)と29日(日)は日差しが照りつけ、暑さが戻るでしょう。熱中症に注意、警戒してください。

あす26日(木) 天気ゆっくりと下り坂

画像A

きょう25日(水)も日差しが照りつけ、日中は汗ばむ陽気になりました。25℃以上の夏日になった所が多く、房総半島を中心に今年一番の暑さになった所もありました。東京都心は4日連続の夏日になりました。

あす26日(木)は、上空に寒気を伴った気圧の谷が近づいてくるため、天気はゆっくりと下り坂です。日の差す時間がありますが、次第に雲に厚みが増してくるでしょう。夕方からは雨の降る所もありますので、お帰りが遅くなる方は雨具があると安心です。
最高気温は、きょうほど上がりませんが、25℃以上の夏日になる所が多いでしょう。日中も湿度が高めで、ムシムシと感じられそうです。暑がりの方は、半袖でちょうど良いくらいでしょう。風通しをよくしてお過ごしください。

あさって27日(金) 強い雨や落雷に注意

あさって27日(金)は、関東地方を上空に寒気を伴った低気圧が通過する見込みです。大気の状態が不安定になるでしょう。
日中いっぱい雨で、カミナリを伴ってザっと雨の降り方が強まる所もあるでしょう。また、沿岸部を中心に風が強まって、横なぐりの雨になることもありそうです。大きめのしっかりとした傘の方が良いでしょう。天気が回復してくるのは、日が沈んでから、夕方以降になりそうです。

日中は気温があまり上がらず、20℃を少し超える程度。今週は暑さが続いただけに、より空気が冷たく感じられそうです。服装選びにご注意ください。

28日(土)と29日(日) 熱中症に注意、警戒

28日(土)と29日(日)は日差しが照りつけて、暑さが戻りそうです。
最高気温は25℃を超える所がほとんどで、内陸部では30℃くらいまで上がる所もあるでしょう。今年初めての真夏日になる所もありそうです。体に堪える暑さになりますので、運動会など屋外で長い時間過ごされる方は、熱中症に注意、警戒してください。

熱中症になってしまったら

画像D

熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。

まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。
衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。
水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。
ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。