きょう11日(土)、関東は大気の状態が不安定。日中は寒気の影響で局地的に雨、夜は西からまとまった雨雲が進み広範囲で雨。あす12日(日)にかけて、激しい雨や落雷、突風、ひょうに注意が必要です。

あすにかけ大雨・落雷・ひょうに注意

画像A

きょう11日(土)も関東甲信地方は大気の状態が不安定。昼頃からは、埼玉県から東京都心にかけて局地的に雨雲が発達しています。

きょう11日(土)日中は、上空の寒気の影響で局地的に雨雲が発達。狭い範囲で、短い時間にザッと降るゲリラ雷雨やひょうに注意が必要です。

今月2日(木)〜3日(金)は、関東地方で大雷雨となり、埼玉県などでひょうが観測されました。また、きのう10日(金)は、茨城県古河市で1時間に70.5ミリの非常に激しい雨を観測(6月の1位、通年で2番目の多さ)。1時間降水量としては、関東で今年最多となりました。

夜は、西から前線を伴った低気圧が接近するため、関東甲信地方の広い範囲で雨となるでしょう。局地的に1時間に30ミリ以上の、バケツをひっくり返したような激しい雨となり、伊豆諸島では1時間に50ミリ以上の滝のような非常に激しい雨に警戒が必要です。

◆雨の予想◆
【11日から12日にかけて予想される1時間降水量(いずれも多い所で)】
関東地方北部 40ミリ
関東地方南部 30ミリ
甲信地方   30ミリ
伊豆諸島   50ミリ

【11日6時から12日6時までに予想される24時間降水量(いずれも多い所で)】
関東地方北部 80ミリ
関東地方南部 80ミリ
甲信地方   80ミリ
伊豆諸島   180ミリ

雷雲が近づいているサイン

画像B

ゴロゴロと雷鳴が聞こえる、急に冷たい風が吹く、昼間であれば黒い雲が見える時は発達した雷雲が近づいていいるサインです。頑丈な建物に避難しましょう。

あす12日(日)は、午前中は雨ですが、午後は次第に天気は回復する見込みです。