あす31日(火)は、西日本は天気が回復し気温アップ、真夏日の所もあるでしょう。東海や関東など東日本は午前を中心に雨で、季節先取りの暑さは収まりそうです。北日本は昼頃から雨で、雷を伴い、強く降る所もありそうです。そろそろ梅雨入りが気になりますが、九州〜関東では平年より遅い梅雨入りとなりそうです。

東日本・北日本 雨でヒンヤリ

画像A

あす31日(火)は、本州の南と日本海に低気圧が進み、東日本と北日本に近づく見込みです。日本海の低気圧は上空に寒気を伴っているため、北日本の日本海側では大気の状態が不安定となりそうです。一方、西日本は移動性の高気圧に覆われるでしょう。沖縄や奄美は、梅雨前線の影響を受けそうです。

沖縄は雨で、雷を伴い激しく降る所があるでしょう。九州や中国・四国、近畿の雨は朝までに止み、日中は天気回復。次第に晴れる見込みです。東海や関東甲信は昼頃まで雨が降りやすいでしょう。北陸と東北の日本海側は昼前から雨で、雷を伴い強く降る所もあるでしょう。東北の太平洋側は午前中から、北海道も午後は雨となりそうです。

最高気温は、天気が回復する西日本では、きょう30日より高く、高知などで最高気温30℃以上の真夏日となりそうです。一方、東海や関東では、きょう30日より5℃くらい低く、東京都心は23℃の予想です。長袖に軽めの上着で調節すると良さそうです。北日本もきょう30日より低く、仙台は18℃と4月下旬並み、札幌は16℃ときょう30日より7℃くらい低くヒンヤリしそうです。

九州〜関東 梅雨入り平年より遅く

画像B

日本気象協会は、5月30日に、最新の「梅雨入り予想」を発表しました。

九州〜関東は「平年より遅い」、北陸と東北は「ほぼ平年並み」でしょう。

これまでは、6月は梅雨前線の北上が早く、九州〜関東の梅雨入りは平年より早い傾向と予想してきましたが、ブロッキング高気圧の形成などにより、梅雨前線の北上は抑えられる傾向に変わりました。

6月中旬頃、太平洋高気圧が強まるタイミングで、九州〜東北は一斉に梅雨入りとなりそうです。

最新の梅雨入り予想は、九州南部・北部〜東海地方は6月11日頃、関東甲信地方〜東北南部は6月12日頃、東北北部は6月15日頃となっています。

梅雨入り前も要注意

梅雨入りが遅くなる予想ですが、梅雨入り前も要注意。梅雨前線が南に下がると、上空には寒気が入りやすくなります。寒冷低気圧などの影響で、局地的に雨が強まることもあるでしょう。また、オホーツク海高気圧の影響で、太平洋側は曇雨天が数日続くことがあると予想されます。

本格的な雨の季節を前に、晴れる日は日差しを有効にお使い下さい。