きょう31日は、九州から近畿は日中は天気が回復して気温上昇。雨雲は次第に東に広がり、東海から北海道は、きのう30日よりも大幅に気温が低くなりそうです。

きょうの天気

画像A

きょう、5月の最終日(31日)は、西と東で対照的な天気になりそうです。

<各地の天気>
九州と中国、四国は朝の通勤・通学時は雨の降る所もありますが、次第に天気が回復するでしょう。昼頃から広く晴れる見込みです。近畿と東海は昼頃まで雨が降りますが、午後は次第に晴れるでしょう。近畿北部では夕方にかけて急な雨や雷雨に注意が必要です。

関東甲信も午前中は広く雨が降り、局地的に降り方が強まりそうです。午後は次第にやむでしょう。北陸も昼頃にかけて雨が降る見込みです。急な強い雨や落雷にご注意ください。東北も次第に雨雲が広がるでしょう。北海道も午後は雨の降る所が多く、夜は雷を伴う所がありそうです。

沖縄は朝から夕方にかけて雨が降り、特に昼前後は雷を伴って激しく降る所があるでしょう。

西は気温急上昇 真夏日も

最高気温も西と東で大きく異なるでしょう。天気が回復して晴れる、九州と中国、四国を中心に、きのう30日よりも5℃以上高くなる所が多くなりそうです。高知では一気に10℃もアップ。真夏日の予想です。暑さにご注意ください。

東海〜北海道 気温大幅ダウンでひんやり

一方、東海から北海道は、きのう30日よりも大幅に気温が低くなる所が多いでしょう。平年並みか平年よりも低くなりそうです。東京都心は25℃に届かない見込みです。東北と北海道は20℃に届かない所が多いでしょう。きのう30日は半袖で過ごせた所も、一気に4月下旬から5月上旬並みの気温になり、上着が必要なほどひんやりしそうです。北海道も季節が逆戻りで、札幌では14℃くらいまでしか上がらないでしょう。沖縄は平年並みになりそうです。ムシムシしそうです。風通しの良い服でお出けください。