九州から東北の梅雨入りは、もう少し先になりそう。今週末からは気温が下がり、ヒンヤリする所も。

前半:6月1日(水)〜7日(火)

来週のはじめにかけては、梅雨前線は本州付近では南に離れ、沖縄付近に停滞する日が多いでしょう。沖縄や奄美は梅雨の最盛期を迎えています。特に沖縄本島地方は6月3日(金)にかけて、警報級の大雨になるおそれがあります。

一方、本州付近はたびたび低気圧が通過するでしょう。あす6月1日(水)は、東北では明け方まで、北海道では昼頃まで雨や雷雨となりそうです。4日(土)にかけては、上空に寒気が流れ込むため、大気の状態が不安定。日差しがある九州から関東も急にザッと雨が降ったり、雷が鳴ったりするでしょう。落雷や突風などにも注意が必要です。

6日(月)〜7日(火)にかけては、本州の南を低気圧が通過するでしょう。広い範囲で雨が降り、太平洋側を中心に雨脚が強まりそうです。

気温は平年並みか低い日が多くなるでしょう。4日(土)までは汗ばむような陽気の所が多いですが、5日(日)頃からは気温がグッと下がりそうです。最高気温は東京都心で20℃〜22℃くらいで、ここの所の暑さに慣れた体にはヒンヤリと感じられるかもしれません。

後半:8日(水)〜13日(月)

画像B

8日(水)〜10日(金)は、九州から東海は晴れる所が多いですが、関東や東北では雨が降りやすいでしょう。12日(日)頃は広い範囲で晴れる予想です。ただ、まだ予報には幅があり、梅雨前線が北上して雨に変わる可能性もあります。

気温は、最低気温、最高気温ともに、平年並みか低くなるでしょう。極端な暑さはないものの、日差しがない時や、海から冷たい風が吹く時などは体感温度が下がります。服装でうまく調節をしてください。

梅雨入り予想

画像C

梅雨前線が例年より北上するのが遅い傾向に変わり、梅雨入り予想も大きく変わりました。

きのう30日発表の最新の梅雨入り予想では、九州南部と九州北部、中国、四国、近畿、東海は6月11日頃、関東甲信と北陸、東北南部は6月12日頃、東北北部は6月15日頃となっています。

梅雨入り早々、大雨になることも考えられます。梅雨入り前の貴重な日差しを有効に使いながら、大雨への備えを進めてください。