きょう31日(火)の最高気温は、九州から近畿はきのう30日(月)に比べて5℃以上高く、真夏日になった所も。一方、関東から北海道にかけては、きのう30日(月)より7℃から10℃くらい下がり、4月並みの所もありました。

気温大幅アップ・ダウン

きょう31日(火)は、九州から近畿は晴れて、きのう30日(月)に比べて大幅に気温が上がりました。
午後3時30分までの最高気温は、宮崎県都城市で30.6℃、愛媛県西条市で30.1℃など真夏日になった所もあり、高知では29.8℃ときのう30日より9℃高く今シーズン一番の暑さになりました。

一方、関東は雨があがったあとも、雲が多くすっきりしない天気が続き、きのう30日(月)よりも気温が上がりませんでした。
東京都心は20.3℃(4月下旬並み)、前橋は20.9℃(4月中旬並み)と、半袖ではヒンヤリと感じられました。

北陸や東北、北海道は、寒気の影響も受けて、きのう30日(月)より大幅に気温が下がりました。
札幌は14.5℃で4月下旬並みで、長袖の上着が手放せない寒さとなりました。

最高気温の前日差が大幅アップしたところもあれば、大幅ダウンした所もあり、地域によって大きく異なりました。

あす6月1日(水)は夏日地点増加

画像B

あす6月1日(水)は、九州から東北南部にかけては広い範囲で晴れる見込みです。
気温も上がり、夏日になる所が多いでしょう。暑さで体調を崩さないようにご注意ください。

東北北部や北海道は気温が上がらず、札幌は20℃に届かない予想です。
服装選びなどお気を付けください。