九州は、きょう3日からあす4日にかけて晴天が続き、真夏日が続出する見込みです。万全な熱中症対策を行いましょう。その後、5日(日)から6日(月)は低気圧や前線が九州を通過するため、九州は激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。

3日〜4日気温上昇 熱中症に警戒を

画像A

きょう3日、九州は高気圧に覆われてからりとした晴天が続くでしょう。日中は強い日差しが照りつけて、最高気温は大分県日田市33度、福岡県久留米市や佐賀市は32度や熊本市30度など、内陸部を中心に真夏日になるでしょう。

あす4日も九州は晴れて、さらに気温が上昇し真夏日が続出する見込みです。急な暑さにより、熱中症の危険が高くなります。
週末は、運動会などが行われる所もあります。屋外では帽子や日傘を利用したり、定期的に休憩を取りこまめな水分補給など行うなど、万全な熱中症対策を行って下さい。

5日〜6日は大雨のおそれ

画像B

5日(日)から6日(月)は、九州は大雨になるおそれがあります。

沖縄付近に停滞している梅雨前線が、5日(日)は九州付近へまで北上します。また、前線上の低気圧が6日(月)にかけて九州を通過するため、九州付近で前線の活動が活発になるでしょう。
5日(日)〜6日(月)は九州各地で雨が降り、発達した雨雲が発生し、雷を伴い激しく降る所があるでしょう。九州は各地で雨量が多くなり、大雨になるおそれがあります。
こまめに最新の気象情報を確認するようにしましょう。

また、この雨のあとは、梅雨前線が沖縄付近まで南下し、オホーツク海高気圧から冷たい空気が流れ込むため、気温が下がります。大きな気温の変化にもお気をつけ下さい。