あす4日(土)の関東は広く青空。ただ、晴れ間は長続きせず、5日(日)は次第に雨が降り、6日(月)から7日(火)は、沿岸部を中心に大雨となるおそれも。最新の気象情報で確認を。

あす4日(土) 各地で青空 紫外線と暑さ対策を

画像A

あす4日(土)の関東は、高気圧に覆われて、広く晴れる見込みです。強い日差しが降り注ぐため、日傘や帽子などで紫外線対策が欠かせないでしょう。

午前中から日差しとともに気温が上がり、最高気温は25℃を超える所が多くなりそうです。運動会や体育祭が行われる所もあると思いますが、熱中症に十分注意してください。
観覧される保護者の方も、こまめな水分補給や日陰での休憩、通気性の良い素材の服装を選ぶなど、熱中症対策を心がけましょう。

6日(月)から7日(火) 低気圧の影響で大雨のおそれも

画像B

5日(日)は湿った空気が流れ込むため、各地とも雲が広がる見込みです。天気は下り坂に向かい、午後は雨の降る所が多くなりそうです。

6日(月)から7日(火)は、低気圧が本州の南を東へ進むため、関東は広く雨が降るでしょう。低気圧が近づくタイミングで、南部を中心に、短い時間に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。側溝や排水口、雨どいなどは掃除をして、水はけを良くしておくなど、大雨への備えは、土日のうちに済ませておくと良いでしょう。

6日(月)からヒンヤリする日が多くなりそう

画像C

最高気温は、5日(日)までは25℃前後ですが、6日(月)は20℃に届かない所が多く、急にヒンヤリするでしょう。7日(火)以降も、平年並みか平年より低い日が続く見込みです。

関東では、6日(月)ごろから、気温が平年よりかなり低くなる可能性があるとして、「低温に関する早期天候情報」が発表されています。昼間でもヒンヤリして、羽織る物が必要になる日が多いでしょう。体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。