週明けの6日(月)は、西日本から東日本の太平洋側を中心に大雨に警戒が必要です。その後も東京など関東や東北の太平洋側はスッキリしない天気が続きそうです。梅雨入りの時期も近づいています。

1週目(6日〜12日):大雨と低温に注意

画像A

週明けの6日(月)は、本州の南岸付近に延びる梅雨前線上を低気圧が東よりに進む見込みです。そのため九州から東北の広い範囲で雨が降るでしょう。西日本や東日本の太平洋側を中心に雷雨や非常に激しい雨の降る所もありそうです。大雨による土砂災害や河川の増水等に警戒が必要です。

7日(火)は、低気圧が日本の東に進み、梅雨前線も南下するため、西日本や東海は広く晴れるでしょう。関東も昼頃までは雨の降る所はありますが、天気は回復に向かいそうです。東北は太平洋側を中心に日中は雨が降るでしょう。

8日(水)と9日(木)は、九州から東海は、午後はにわか雨の所はありますが、大体晴れる見込みです。関東と東北は湿った空気や気圧の谷の影響で、雲が広がり雨の降る所があるでしょう。

10日(金)から12日(日)は、再び西から梅雨前線が北上し、前線上の低気圧が日本付近に近づく見込みです。そのため、広い範囲で雨が降るでしょう。雨脚や風が強まる可能性もありますので、最新の情報にご注意ください。

北海道は、高気圧に覆われるため、12日(日)にかけて晴れる日が多いでしょう。

気温は全国的に平年より低めの傾向です。特に北日本や関東は、海上からの冷たい空気が流れ込みやすく、平年より5度以上低い日が多くなりそうです。6月に入り、衣替えをした方もいると思いますが、上着が手放せなさそうです。

2週目(13日〜18日):天気は周期変化

画像B

東北から九州、沖縄では、梅雨前線や湿った空気の影響で、雲の広がる日が多くなりそうです。天気も周期的に変化し、13日(月)、14日(火)と17日(金)、18日(土)は、雨が降りそうです。

梅雨のない北海道では、晴れる日が多くなりますが、18日(土)は雨が降るでしょう。

気温は、北海道や東北で平年を5度以上下回る日もありますが、全国的に平年並みくらいの日が多くなりそうです。東海から西では、平年並みでも30度近くまで上がる時期になってきています。湿度も高めですので、熱中症には注意が必要です。