きょう5日(日)は、低気圧が西から近づき、雨の範囲が次第に広がるでしょう。特に九州は雨脚が強まり、道路が冠水するほど激しく降る所がありそうです。

各地の天気 低気圧の雨雲 西から接近

きのう広い範囲に晴天をもたらした高気圧が離れ、本州付近に湿った空気が流れ込みます。また、大陸方面から低気圧が進んでくるでしょう。
きょう5日(日)は、雨の所が次第に多くなります。特に、低気圧が近づく九州では雨脚が強まるでしょう。
【各地の天気】
●沖縄:きょうも大気の状態が不安定。昼前後を中心に雨や雷雨があるでしょう。
●九州:すでに明け方から所々に雨雲がかかっており、昼前からは全域で雨となるでしょう。午後3時頃から夜にかけて雨脚が強まり、所々で激しく降るでしょう。道路が冠水するなど、交通に影響が出る可能性もあります。また、川や用水路は、急に流れが速くなる危険がありますので、むやみに近づかないでください。雷雨になる所もあり、落雷や突風にも注意が必要です。
●中国・四国:早い所では午前中から弱い雨が降り、午後は雨の範囲が広がってきます。夜は土砂降りになる所もあるでしょう。
●近畿・東海:昼頃までは晴れ間もありそうです。夕方以降は広く雨で、夜遅くなるほど本降りになるでしょう。
●関東甲信:午前中は雲を通してときおり薄日が差しますが、沿岸部を中心ににわか雨の可能性があります。午後3時前後からは雨の所が増えて、山沿いを中心に雷雨も。夜遅くには、ほぼ全域で雨となりそうです。
●北陸・東北:雲の間から日が差すでしょう。夜は東北南部で雨の所がありそうです。
●北海道:こちらも晴れ間がありますが、道東の一部では昼前まで弱い雨が降るでしょう。

予想される雨の量

きょう、九州に激しい雨を降らせる活発な雨雲は次第に東へ。あすは四国や近畿、東海でも激しい雨の降る所があり、関東周辺や東北でも太平洋沿岸の地域を中心に雨脚の強まることがあるでしょう。
あす6日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
●九州南部:200ミリ
●奄美:150ミリ
●東海:120ミリ
その後、7日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
●東海:100から150ミリ
●奄美:およそ50ミリ です。

最高気温 全国的にきのうと同じか低い

最高気温は、沖縄はきのうと同じくらいで28℃前後の予想です。
九州や中国、四国は22℃から25℃くらいでしょう。きのうに比べると5℃以上低い所が多く、暑さが収まります。
近畿や東海、関東甲信、北陸は、きのうと同じくらいで25℃以上の夏日の所が多いでしょう。湿度も高く、ムシッとしそうです。
東北南部はきのうより低めで、20℃から23℃くらいの予想です。
東北北部と北海道は、きょうも20℃に届かない所がほとんどで、空気が少しヒンヤリと感じられるでしょう。