きのう5日、九州は各地で雨が降り大雨になった所がありましたが、今週はこのあと再び晴れる日が多くなるでしょう。九州への梅雨前線の本格的な北上は6月中旬ごろとなり、平年より梅雨入りが遅くなる見込みです。

6日 強風・高波に注意

画像A

きのう5日からけさ(6日)にかけて、九州は前線や低気圧の通過で各地で雨が降り、鹿児島県さつま町160.0ミリ、熊本県人吉市137.0ミリ、宮崎県えびの市の加久藤136.0ミリなど、熊本県や九州南部は大雨になった所がありました。

きょう6日日中は低気圧が九州の東へ離れ、九州付近は天気が回復し晴れ間が広がる見込みです。ただ、九州付近は気圧の傾きが大きいため、沿岸海上を中心に北から西よりの風がやや強いでしょう。海上は波が高い所が多いですので、船舶は強風や高波にご注意下さい。

今週 九州は晴れる日が多い

画像B

九州の梅雨入りの平年は、九州南部は5月30日頃、九州北部地方は6月4日頃です。ことし九州の梅雨入りは平年より遅くなる見込みです。

きのう5日は一時的に九州に北上した梅雨前線の影響で、九州は全般に雨が降りましたが、今週このあとは再び梅雨前線が南下し、南西諸島に停滞する見込みです。九州付近は北から張り出す冷たい高気圧に覆われて、晴れる日が多くなる見込みです。気温は平年よりやや低くなり、この時季としてしのぎやすい日が多くなるでしょう。
10日(金)から11日(土)頃は前線が南海上をやや北上するため、九州は雲が多くなる見込みです。

来週は梅雨空

画像C

来週は太平洋高気圧が北への張り出しが強まってくるため、梅雨前線を北へ押し上げ、九州付近に前線が停滞しやすくなるでしょう。
来週、九州は曇りや雨の日の梅雨空になる見込みです。来週以降は雨の降り方に注意が必要です。