メイン画像

きょう7日も東北には雨雲がかかり続けています。宮城県や福島県では12時間雨量が100ミリを超えている所があります。土砂災害警戒情報が発表されている地域があり、警戒が必要です。

東北 雨量100ミリ超の所も

きょう7日、低気圧が三陸沖へ進んでいます。また、別の低気圧が北陸付近で停滞しています。

午前8時現在も東北には雨雲がかかり続けています。12時間雨量は福島県浪江町や宮城県女川町、石巻市雄勝、加美町では100ミリを超えています。加美町では6月の1位の値を更新しました。また、福島県南相馬市でも96.0ミり(7時20分まで)と6月の1位の雨量となっています。

土砂災害警戒情報発表中

画像B

宮城県や福島県には土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。

降り続く大雨のため、土砂災害警戒区域等では命に危険が及ぶ土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況となっています【警戒レベル4相当情報[土砂災害]】。崖の近くや谷の出口など土砂災害警戒区域等にお住まいの方は、市町村から発令される避難指示などの情報に留意し、少しでも安全な場所への速やかな避難を心がけてください。