10日(金)以降は曇りや雨の日が多くなり、九州から東海、北陸、東北も続々と梅雨入りする可能性。こまめに情報の確認を。

前半:8日(水)〜14日(火)

画像A

9日(木)までは晴れる所が多く、九州から東海は梅雨入り前の貴重な日差しになりそうです。きのう6日(月)に梅雨入りした関東甲信は雲が多く、あす8日(水)は雨が降ったりやんだりするでしょう。東北南部もスッキリしない天気です。ヒンヤリした風が吹いて、日中はあまり気温が上がらないでしょう。

10日(金)になると低気圧が九州に近づいて、11日(土)にかけて本州の南を通過する予想です。九州から関東の太平洋側を中心に雨が降るでしょう。12日(日)は東北を中心に雨が降りそうです。13日(月)は次の低気圧が西から近づき、再び天気が下り坂となるでしょう。13日(月)〜14日(火)にかけては梅雨前線が本州付近まで北上して、低気圧が陸地に近い所を通過する予想。今週末より広い範囲で、雨や風が強まりそうです。

今週後半から来週にかけての雨が降るタイミングで、九州から東海、北陸、東北も、続々と梅雨入りの発表があるかもしれません。きのう6日(月)から降り続く雨で、東北などでは大雨になっています。本格的な雨の季節を迎え、いっそう警戒が必要です。

後半:15日(水)〜20日(月)

画像B

この期間は、沖縄や九州から東北では、曇りや雨の降る日が多いでしょう。ただ、梅雨前線の位置によって予想が大きく変わることもあり、雨の多い季節はこまめに情報を確認することが大切です。北海道は短い周期で天気が変わるでしょう。

気温は、平年並みか平年より高い所が多い見込みです。九州から関東では、最低気温が20度以上の日が続き、朝からムシムシと感じられる日が多くなるでしょう。また19日(日)は東京や名古屋など、雨でも最高気温が30℃近くまで上がる所もあり、熱中症にご注意ください。