きょう8日は、関東や東北では雨が降り、空気がヒンヤリしたまま。晴れる九州から東海でも、にわか雨や雷雨に注意を。

関東や東北南部 断続的に雨

画像A

きょう8日は、関東や東北を中心に雨が降りやすく、晴れる地域でも急な雨や雷雨にご注意ください。

【各地の天気】
沖縄は梅雨前線が停滞して、雨が降るでしょう。前線に近い八重山地方や大東島地方では発達した雨雲がかかり、雷を伴って激しく降る所がありそうです。

九州から東海はおおむね晴れるでしょう。ただ、大気の状態が不安定になるため、午後は山沿いを中心に急な雨や雷雨がありそうです。四国では激しく降るおそれがあり、空模様の変化に気をつけてください。

関東は、雨が降ったりやんだりするでしょう。関東の南には新たな低気圧が発生する予想で、沿岸部では北よりの風が強まりそうです。また甲信も午後になると広い範囲で雨や雷雨。長野県は激しい雨の降ることもあるでしょう。

北陸は朝と夜、東北南部は一日を通して雨が降りやすいでしょう。東北では、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所がありますので、土砂災害には引き続き、注意が必要です。

東北北部と北海道は、おおむね晴れるでしょう。ただ、太平洋側では、雨の降る所がありそうです。

気温 平年より低い所が多い

日中の気温は、この時期としては低い所が多いでしょう。特に低くなるのが関東や東北で、服装選びにご注意ください。

最高気温は、那覇では25℃以上の夏日ですが、平年より低いでしょう。湿気が多く、ムシムシと感じられそうです。九州から東海は日差しで気温が上がり、25℃前後の所が多いでしょう。少し動くと汗ばむくらいです。

北陸と関東は20℃くらい、東北南部は15℃くらいと、朝から気温があまり上がりません。東京や仙台は4月並みのヒンヤリした空気です。羽織る物で調節してください。

東北北部と北海道は20℃前後の所が多く、快適な陽気でしょう。ただ、北海道の太平洋側は、海からの冷たい風が吹く影響で、15℃に届かない見込みです。