東北地方では、ここ数日の大雨で地盤の緩んでいる所があります。今週末にかけても東北南部では雨が降りやすく、引き続き土砂災害に注意が必要です。東北南部は来週中頃にも梅雨入りする可能性があります。雨への備えは早めに進めるようにしてください。
この先もしばらくは気温の低い状態が続くものの、来週末からは一転して暑くなるでしょう。寒かったり、暑かったり、急激な気温変化で体調を崩さないように注意してください。

2週間天気【前半】 東北南部は梅雨のような天気 まもなく梅雨入りへ

画像A

きょう(8日)も、福島県の会津地方や岩手県の南部など雨の降っている所があります。東北地方では東北太平洋側南部を中心に、これまでの雨で地盤の緩んでいる所があります。少しの雨でも土砂災害が発生する恐れがあるため、きょう(8日)夕方にかけて、土砂災害に注意してください。また、東北太平洋側の海上では、きょう(8日)夕方にかけて、うねりを伴った高波に注意が必要です。

9日(木)〜11日(土)は、東北南部では雨が降りやすく、東北北部も雨の降る所がありそうです。昼頃から気温の上がる内陸を中心に大気の状態が不安定となり、局地的に雷を伴う恐れがあります。特に10日(金)の昼過ぎから夕方にかけては、雨雲が急発達する可能性があります。落雷による停電や竜巻などの激しい突風、ひょう、急な強い雨(局地的に激しい雷雨の恐れ)に十分な注意が必要です。また、これまでの大雨で地盤の緩んでいる地域では、引き続き土砂災害に注意してください。

12日(日)は、各地で雨が降り、雨脚の強まる所があるでしょう。風が海上を中心に強まり、荒れた天気となる恐れがあります。最新の予報をこまめに確認してください。

13日(月)〜15日(水)は、曇りや雨の所が多く、すっきりしない天気となりそうです。日本気象協会の梅雨入り予想では、東北南部の梅雨入りは6月15日頃と予想されていて、来週中頃にも梅雨入りする可能性があります。

2週間天気【後半】 低温傾向解消へ 熱中症対策を万全に

画像B

17日(金)は東北北部では晴れ間が広がりますが、東北南部は雨が降りやすいでしょう。18日(土)は東北南部も日差しが届き、各地で洗濯日和となる見込みです。日差しを有効に活用してください。

気温は、平年並みか平年より高い日が多いでしょう。25℃以上の夏日の所が多く、東北南部では30℃以上の真夏日の所もある見込みです。来週末からは一転して暑くなるため、熱中症に十分な注意が必要です。のどが渇きを感じる前に、水分補給を行いましょう。1時間に1回程度、こまめに水分補給を行うと効果的です。また、汗とともに失われるミネラルを食事から補給することも大切です。

暑熱順化に有効な対策

画像C

暑くなる前からできる熱中症の対策には、暑さに強い体づくりがあります。暑さに強い体を作るためには、バランスの良い食事や十分な睡眠以外に、「暑熱順化」をすることも大切です。暑熱順化とは、体が暑さに慣れることです。暑熱順化ができていないと、体の熱をうまく外に逃がすことができず、熱中症になる危険性が高まります。暑熱順化には個人差もありますが、数日から2週間程度かかります。暑くなる前から余裕をもって体を暑さに慣れさせましょう。