きょう10日(金)は、広い範囲で大気の状態が不安定になり、あちらこちらで雨雲や雷雲が湧いてくるでしょう。空模様の急な変化にお気を付けください。

突然の雨や雷雨に気を付けて

画像A

きょう10日(金)は、北日本から西日本にかけて大気の状態が不安定。上空に冷たい空気が流れ込んでいる一方で、地上付近には暖かく湿った空気。所々で雨雲や雷雲が湧いてきます。
黒い雲が近づく・ヒンヤリした風が強まる・ゴロゴロという雷の音がきこえる、といった、天気急変のサインに気を配ってください。また、スマホなどで雨雲レーダーをこまめにチェックするのも、雷雨の回避に有効です。
局地的には、道路が冠水するような激しい雨が降るおそれもあります。特に、激しい雨を降らせる雨雲が発達しやすいのは、「東北・関東・東海」の山沿いや内陸です。
【各地の天気】
●北海道:北部は朝と夜ににわか雨の可能性があります。南西部と東部は、午前中は大体晴れ。午後は内陸を中心に雨や雷雨の所があるでしょう。
●東北:日本海側は昼頃からときおりザッと雨が降り、太平洋側も所々で雨や雷雨となりそうです。
●北陸・関東甲信・東海:早い所では午前中から雨雲が湧き、午後はあちらこちらで雨や雷雨があるでしょう。
●近畿・中国・四国:昼前まで広く晴れそうです。昼過ぎから山沿いを中心に急に雨の降りだす所や、雷雨になる所があるでしょう。
●九州:こちらも昼過ぎから所々で雨や雷雨。夜は西から次第に低気圧が近づくため雨の範囲が広がる見込みです。
●沖縄:梅雨前線の影響で断続的に雨。本島地方では昼前後に激しく降るおそれがあります。

最高気温 全国的にきのうと同じか高め 関東以西は広く夏日

最高気温は、北海道はきのうと同じか高く、旭川など内陸では25℃に迫る所もあるでしょう。東北もきのうより高めで広く20℃を超える見込み。日本海側を中心に25℃くらいまで上がる所もありそうです。北陸や関東から西は25℃〜28℃くらいの予想で、九州をはじめ30℃以上の真夏日になる所もあるでしょう。湿度も高く、蒸し暑く感じられそうです。ノドが渇く前に、意識的に水分を摂るなど、熱中症対策を心がけてください。