きょう10日(金)も、関東甲信地方は雲の間から日が差すでしょう。ただ、大気の状態が不安定で、所々で雨や雷雨がありそうです。最高気温は広く25℃以上の予想。湿度が高く、蒸し暑く感じられるでしょう。

急な雨や雷雨に注意 北部では局地的に激しい雨

きょう10日(金)も、関東甲信は日の差す時間があるでしょう。
ただ、長野県南部など、すでに朝から雨雲の湧いている所があり、午後はあちらこちらでにわか雨や雷雨に。空模様の変化に気を配ってください。
特に、群馬県をはじめ関東北部では、局地的に1時間30ミリ以上の激しい雨が降るでしょう。激しい雨が降ると、ワイパーを速くしても見通しが悪くなったり、タイヤが滑ってブレーキが効きにくくなったりしますので、車の運転は十分な注意が必要です。道路が冠水する危険性もあります。

広く夏日 湿度も高め

画像B

最高気温は、きのうと同じかやや高く、広い範囲で25℃以上の夏日となる予想。湿度も高めで、蒸し暑く感じられるでしょう。

なお、ザッと強い雨が降ってくると、一時的に気温が下がってヒンヤリします。脱いだり着たりと、調節のしやすい服装が良さそうです。