あす11日以降、九州は前線の影響を受けやすく曇りや雨の日が多くなりそうです。九州は本格的な雨の季節に入り、大雨が降る日がありますので、雨の降り方にご注意下さい。

10日 大気不安定 急な雷雨に注意

画像A

きょう10日、九州は湿った空気と上空の寒気の影響で、大気の状態不安定になります。
九州は雲が広がりやすく、午後は局地的に雨雲が発生し雷を伴い激しく降る所があるでしょう。午後は天気が変わりやすくなりますので、急な強い雨や落雷などにご注意下さい。

最高気温は、九州北部で30度前後まで上がり、蒸し暑さがででくる見込みです。湿度も高くなり、熱中症の危険が高くなりますので、こまめ水分補給をするなど熱中症対策を行いましょう。

13日〜14日 大雨のおそれも

画像B

あす11日以降は、しばらく九州は前線の影響を受けやすくなるでしょう。

あす11日は、前線を伴った低気圧が種子島・屋久島付近を通過するため、九州は全般に雨で、南部はまとまった雨量となるでしょう。低気圧が近くを通過する種子島・屋久島地方や奄美地方は、雷を伴い一時激しい雨が降り、局地的に大雨になるおそれがあります。

12日(日)はいったん前線が南下し天気は回復しますが、来週13日(月)から14日(火)は前線が再び九州付近へ北上し、前線上の低気圧が九州北部付近を通過するため、前線活動が活発化する見込みです。九州は大雨になるおそれがあり、雨の降り方に注意が必要です。

再来週にかけて梅雨空

画像C

18日(土)から再来週の初めにかけても、前線や湿った空気の影響で雨が降りやすく、天気がぐずつくでしょう。こまめに最新の気象情報を確認しましょう。

またこの先、湿度が高く蒸し暑い日が多くなります。体感温度も大きく変わってきますので、体調管理にも気を付けてお過ごし下さい。