11日(土)は梅雨前線が北上し、前線上の低気圧が東よりに進む予想です。西から天気が下り坂で、太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、激しい雨の降る所があるでしょう。来週前半も西日本を中心に荒天や大雨の恐れがあります。

11日(土)は広く雨 激しい雨の降る所も

画像A

11日(土)は梅雨前線が北上し、前線上の低気圧が西日本から東日本の南岸沿いを東へ進むでしょう。

沖縄や九州は雨や雷雨で、激しい雨の降る所がありそうです。大雨となる恐れがあり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要です。中国、四国も昼頃から雨が降りだし、雨脚の強まる所があるでしょう。近畿や東海、北陸も午後は雨が降り、雷を伴う所がありそうです。関東は夜になると広く雨や雷雨になるでしょう。関東の内陸部や伊豆諸島を中心に激しく降る所もありそうです。東北は変わりやすい天気で、所々で雨雲や雷雲が発達するでしょう。北海道は昼頃から雨や雷雨になる所が多くなりそうです。

来週前半は西日本を中心に荒天・大雨の恐れ

画像B

その後、いったん梅雨前線は南下するでしょう。

ただ、13日(月)から15日(水)は梅雨前線が本州付近まで北上し、前線上の低気圧が東よりへ進む予想です。13日(月)は九州で雨が降りだし、14日(火)から15日(水)にかけては雨の範囲が東や北へ広がるでしょう。全国的に雨が降りそうです。九州から近畿を中心に発達した雨雲がかかり、大雨となる恐れがあります。また、風も強まり、荒れた天気となる可能性があります。最新の気象情報にご注意ください。

梅雨が近づく

画像C

関東甲信は6月6日ごろに梅雨入りしましたが、九州から東海、北陸、東北はまだ梅雨入りしていません。

11日(土)は広く雨が降り、梅雨入りの一つのタイミングとなりそうです。ただ、その後、梅雨前線がいったん南下するため、広く梅雨入りとなるのは来週前半になる可能性もあります。

いずれにせよ、長雨の季節が近づいています。側溝や雨どいの掃除をして水はけをよくするなど、梅雨支度を進めると良いでしょう。