関東甲信は、あす13日は大体晴れ。日差しを有効に。その先は、梅雨前線や低気圧の影響で度々雨。15日の午前中は本降りの雨となりそう。

あす13日 日差したっぷり 気温上昇 真夏日に迫る所も

あす13日(月)は、本州付近は高気圧に緩やかに覆われます。
関東甲信は、朝から昼過ぎにかけて広く晴れるでしょう。日差しがたっぷりで、絶好の洗濯日和となりそうです。夕方以降は次第に雲が多くなるでしょう。夜は、山梨県や長野県の標高の高い所や、秩父や奥多摩、箱根方面でにわか雨の可能性があります。ただ、きょう(12日)のような強い雨や雷雨にはならないでしょう。

最高気温は、きょうと同じか高く、広範囲で25℃を超えるでしょう。前橋など内陸では30℃に迫る所もありそうです。こまめに水分を摂るなど、暑さ対策を心掛けてください。

週間 雨の日多い 15日は本降りに 気温は一旦下がって再び上昇

画像B

梅雨らしい天気が続きます。
あさって14日(火)は、低気圧が近づくため、夕方から次第に雨が降るでしょう。
15日(水)は、午前中は広く雨。現時点の予想では、未明から朝の通勤の時間帯にかけて本降りとなり、沿岸部を中心に風の強まることもあるでしょう。レインコートやレインシューズなどが役に立ちそうです。
その先、17日(金)頃は晴れ間もありますが、梅雨前線や湿った空気の影響で所々で雨。19日(日)は全域で雨となりそうです。

気温は、14日(火)と15(水)は平年を下回り、日中も20℃前後に。16日(木)以降は平年並みか高めとなり、内陸では30℃近くまで上がる所も。湿度も高く、蒸し暑さが続きそうです。適切にエアコンを使うなど、無理のないようにお過ごしください。