きょう13日(月)は、まだ梅雨入りしていない、近畿、東海などでは、梅雨入り前の貴重な日差しとなりそうです。関東甲信は梅雨の晴れ間が広がるでしょう。一方、沖縄と九州は梅雨空となりそうです。

きょう13日(月)の天気

画像A

きょう13日(月)は、日本の東に発達した低気圧があって、この低気圧から南西諸島にかけて前線が延びています。このあと日本の東の低気圧は勢力を維持しながらさらに東に進むでしょう。また東シナ海付近で前線上に低気圧が発生する見込みです。

きょうの天気

きょう13日(月)の各地の天気です。

沖縄は昼頃まで雨が降り、特に朝までは局地的に激しい雨や雷雨となりそうです。
九州も梅雨空となるでしょう。南部では一日を通して雨が降り、夜遅くには雷を伴って激しく降りそうです。北部も次第に雨雲が広がるでしょう。

四国も雲が多く、昼頃から雨が降りだす見込みです。中国地方は午前中は日が差しますが、昼頃から雲が広がるでしょう。近畿や東海は昼頃まで晴れ間が出る見込みです。夕方以降は雲が多くなり、夜遅くには雨の降る所がありそうです。中国地方や近畿、東海は梅雨入り前の貴重な日差しとなるでしょう。

既に一足先に梅雨入りしている関東甲信は、梅雨の晴れ間が広がる見込みです。天気の急変もなく安定して晴れそうですが、夜遅くには内陸や山沿いで雨の降る所があるでしょう。

東北は南部を中心に大体晴れる見込みです。北部も晴れ間が出ますが、昼頃まで雨雲のかかる所がありそうです。北海道は朝まで雨の降る所がありますが、次第に天気が回復し、日中は晴れ間の出る所もあるでしょう。

きょうの最高気温

きょう13日(月)の最高気温は、沖縄と九州から関東は25℃以上の夏日の所が多いでしょう。ただ、日差しの少ない九州や四国などではきのう12日(日)よりも低くなる所が多いでしょう。

一方、日差しの出る近畿、東海、関東を中心に30℃近くまで上がる所がありそうです。

東北は20℃から23℃くらいで、日差しがあると過ごしやすいでしょう。北海道はきのう12日よりも気温が高くなり、20℃を超える所が多くなりそうです。