あす14日以降は、太平洋高気圧が急速に北へ張り出しを強める見込みです。梅雨前線は北上し、本州付近や日本海に延びるでしょう。広く本格的な雨の季節であるばかりか、大雨に警戒・注意が必要な時期です。

14日〜20日 梅雨前線は本州付近や日本海に停滞しやすく 荒天・大雨も

あす14日以降は、太平洋高気圧が急速に北へ張り出しを強める見込みです。日本付近で、太平洋高気圧の勢力は平年より強いでしょう。梅雨前線は北上し、本州付近や日本海に延びる見込みです。

14日から15日にかけて、梅雨前線は、本州付近に停滞するでしょう。九州から関東を中心に雨が降る見込みです。15日にかけて、風が強まり、荒れた天気や大雨になる恐れがあります。今のところの資料では、特に九州から近畿の太平洋側に発達した雨雲がかかる予想です。東海も紀伊山地の南東にあたる三重県付近に発達した雨雲がかかり続ける可能性もあります。
15日は、低気圧が日本海を北東へ進み、この低気圧は16日に北海道付近を通過するでしょう。東北や北海道では、15日から16日を中心に雨が降る見込みです。

16日から17日は、梅雨前線はいったん日本の南に南下するでしょう。17日を中心に晴れ間が出る所がある見込みです。ただ、本州付近には湿った空気が流れ込み、雲が広がりやすいでしょう。雨が降ることもある見込みです。

18日から20日にかけて、梅雨前線は再び北上し、日本海に停滞するでしょう。九州から関東を中心に雨が降る見込みです。今のところの資料では、太平洋側を中心に南風が強まることがあるでしょう。この南風が、本州付近に、暖かく湿った空気を送り込みます。局地的に雨雲が発達し、短い時間で雨量が多くなる可能性もあります。
北海道では、20日は気圧の谷の通過で、雨が降る見込みです。

沖縄や奄美では、14日から20日、この期間、湿った空気の影響で、雲が広がりやすく、雨が降ることもあるでしょう。16日から17日は、前線の影響で、本降りの雨になる見込みです。

14日から20日、この期間の最高気温は、前半は九州から関東も25℃に届かない日があるなど、平年より低い日があるでしょう。後半は、前線の南側に入る地域で気温が上がる見込みです。九州から東北では30℃くらいまで上がることもあるでしょう。

21日〜26日 広く大雨に警戒・注意 蒸し暑く 沖縄では盛夏の気圧配置

画像B

21日から26日、この期間は、チベット高気圧が勢力を強め、偏西風は日本付近で平年より北を流れるでしょう。このため、梅雨前線は日本海から北日本に停滞しやすい見込みです。日本の北を低気圧が通りやすく、本州付近には、南から暖かく湿った空気が流れ込みやすいでしょう。
この期間の前半は、梅雨どきに大雨をもたらすくらいの水蒸気を含んだ空気が、九州や四国、本州に流れ込むと予想している資料もあります。広く本格的な雨の季節であるばかりか、大雨に警戒・注意が必要な時期です。

北海道も、21日から26日、この期間は雲が広がりやすく、雨が降る日があるでしょう。
この時期を通しての降水量は、北陸から北海道付近で、平年より多いと予想している資料もあります。

沖縄や奄美付近は、21日から26日、この期間は、高気圧に覆われやすく、気圧配置においては、盛夏といえるでしょう。夏空が広がる日が多くなる見込みです。

21日から26日、この期間の最高気温は、九州から関東では30℃くらいの日もあるでしょう。湿度も高めで、蒸し暑くなりそうです。夜の気温も、東京都心などで25℃を下回らないこともある見込みです。