関東は、日ごとの気温差が大きくなりそう。あす14日(火)は東京都心の最高気温は21℃と、きょう13日(月)より6℃ほど低下。16日(木)からは蒸し暑い日が続くため、体調管理に注意を。

14日(火)夜から広く雨 気温上がらず

画像A

関東はこの先、気温が上がったり下がったりで、日ごとの気温差が大きくなりそうです。

特に気温の変化が大きいのは、きょう13日(月)からあす14日(火)にかけてで、急に気温が下がるでしょう。あす14日(火)は低気圧が近づくため、関東は夜から広い範囲で雨が降りだしそうです。朝から気温があまり上がらず、最高気温は20℃を少し超えるくらい。東京都心はきょうより6℃ほど低くなるでしょう。涼しい北東の風が吹くため、体感温度が下がりそうです。

あさって15日(水)は、午前を中心に雨が降るでしょう。雨で気温は横ばいになりそうです。雨上がりの午後は気温が少し上がりますが、それでも20℃くらいでしょう。上着やカーディガンなど羽織るもので調節してください。

16日(木)から蒸し暑い

画像B

16日(木)は梅雨の晴れ間となり、最高気温は25℃以上の夏日の所が多いでしょう。17日(金)以降は梅雨前線の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多い見込みです。ただ、雨の日でも気温の高い状態が続くでしょう。20日(月)は日が差す所では気温がグングン上がり、最高気温は東京都心で28℃と汗ばむ陽気に。さいたまは30℃と真夏日の予想です。

きょう13日(月)、気象庁からは、関東甲信地方に「高温に関する早期天候情報」が発表されました。それによると期間のはじめは、気温が平年並みか低く、かなり低い日もありますが、その後は暖かい空気が流れ込みやすくなるため、19日(日)頃からは気温がかなりの高温になる可能性があります。気温の変動が大きいため、農作物の管理や熱中症対策が必要です。
※かなりの高温 5日間平均気温平年差 プラス2.0℃以上

急に気温が高くなる日は、熱中症にかかりやすくなりますので、日々の天気や予想気温などを確認すると良いでしょう。tenki.jpでは熱中症情報の中で「厳重警戒」や「警戒」など、わかりやすい指標にして公開しています。参考になさってください。

熱中症予防のポイント

画像C

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 暑くなり始めの頃から、暑さに備えて体づくりを行いましょう。「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる運動を、毎日30分程度行い、体を暑さに慣れさせてください。

② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。

③ エアコン使用中も、こまめな換気を行いましょう。換気のためには、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気をしたら、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。