きょう14日(火)は、梅雨前線が本州の南に停滞し、九州から関東甲信を中心に雨が降るでしょう。特に発達した雨雲がかかるのは、九州南部や四国の太平洋側、紀伊山地の南東側です。最高気温は、中国地方、四国、近畿から東北南部では25℃以下の所が多い予想です。

きょう14日(火)の天気

画像A

きょう14日(火)は、梅雨前線が本州の南に停滞するでしょう。前線上の四国の南にある低気圧は、東へ進み、不明瞭になりますが、新たに前線上に低気圧が発生し、本州の南を東進する見込みです。前線や低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込みます。対馬海峡にも、低気圧が発生するでしょう。オホーツク海に中心を持つ高気圧は、東北から関東付近に張り出しを強める見込みです。本州付近に、東の海上から冷たく湿った空気が流れ込みます。

沖縄は、本島地方は雲が多いでしょう。朝晩は雨が降り、雷が鳴ることがある見込みです。大東島地方や先島諸島では、日差しが照り付けるでしょう。夕方以降はにわか雨や雷雨がある見込みです。

九州は、雨が降るでしょう。九州南部や奄美地方では、昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。夕方にかけて、土砂災害に警戒してください。雷雲の周辺では、竜巻など激しい突風が発生することもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物の中など、安全な場所に移動してください。

四国は、雨が降ったり止んだりで、太平洋側では昼前後に、激しい雨が降る所がある見込みです。中国地方や近畿、東海も雨が降るでしょう。紀伊山地の南東側で、昼頃から雨脚が強まり、局地的に激しい雨が降る見込みです。関東甲信は、雲が多く、午前中から雨が降る所もあるでしょう。夜は広く雨が降る見込みです。

北陸3県は、雲に覆われて、雨が降る時間があるでしょう。新潟県は、午前中は日の差す所が多いですが、午後を中心に雲が広がりやすい見込みです。東北と北海道は、日中は広く晴れるでしょう。朝晩は雲が広がる所が多い見込みです。

本州付近では、等圧線の間隔が狭くなります。中国地方、四国、近畿、北陸、東海を中心に、東よりの風がやや強く吹く見込みです。

九州南部・奄美地方 予想される降水量

14日(火)に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
宮崎県 30ミリ
鹿児島県(奄美地方除く) 40ミリ
奄美地方 30ミリ
14日(火)午前6時から15日(水)午前6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
宮崎県 80ミリ
鹿児島県(奄美地方除く) 100ミリ
奄美地方 100ミリ

きょう14日(火)の最高気温

きょう14日(火)の最高気温は、沖縄は30℃くらいでしょう。八重山地方に、熱中症警戒アラートが発表されています。熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測されます。外出はなるべく避け、室内をエアコン等で涼しい環境にして過ごしてください。

九州は25℃くらいの予想です。中国地方や四国は22℃前後の所が多いでしょう。近畿や東海、関東甲信も22℃前後で、きのう13日(月)より、5℃くらい低い所が多い見込みです。北陸3県は23℃くらい、新潟県は27℃くらいの予想です。東北南部は22℃から24℃くらいの所が多く、20℃に届かない所もあるでしょう。東北北部と北海道は25℃くらいの所がある見込みです。