関東地方は、15日にかけて雨が降り、最高気温は東京都心など20℃に届かないでしょう。16日は天気が回復して、一気に気温が上昇。最高気温は30℃近くまで上がり、暑さが戻るでしょう。気温の変化が大きくなりそうです。

15日も雨でひんやり 20℃届かず

画像A

14日の関東地方は、朝から雲に覆われて、南部から次第に雨雲が広がりました。日差しはほとんどなく、東京都心は朝から日中にかけても気温は17℃から18℃くらいで、ほぼ横ばい状態。15時までの最高気温は7日ぶりに20℃に届かず、ひんやりした一日となりました。

関東地方は、15日も雨が降るでしょう。朝の通勤・通学の時間帯も広く雨が降り、南部の沿岸部を中心に雨脚が強まりそうです。昼過ぎにかけて、傘が手放せない見込みです。夕方になると、次第に雨はやんでくるでしょう。東京都心の最高気温は14日と同じくらいで、20℃に届かない予想です。お出かけの際は上着があったほうが良いでしょう。

16日は気温急上昇 東京都心の最高気温は30℃近くまで上がる予想

画像B

16日は前線が南に離れるため、天気が回復して、晴れ間が出るでしょう。注意が必要なのは、気温の上昇です。

15日は東京都心の最高気温は19℃と、20℃に届かない予想ですが、16日は一転して一気に30℃近くまで上がる見込みです。前日と比べて10℃近くも高くなりそうです。ひんやりとして上着が必要な気温から、一気に半袖で過ごせるほどの暑さになるでしょう。

17日と18日も雲が多めながらも晴れ間が出る見込みです。最高気温は各地で25℃以上の夏日で、30℃以上の真夏日の所もありそうです。急激な気温の上昇は体に堪えますので、屋外での活動ではマスクを適宜外して休憩したり、こまめな水分補給をしたりと、熱中症への対策をしっかり行ってお過ごしください。

また、大気の状態が不安定になるため、晴れ間があっても午後は天気が急変し、雨雲や雷雲が発生することがありそうです。空模様の変化にご注意ください。

週末からまた梅雨空に 雨が降ってもムシムシ

19日は本州の南岸まで前線が北上するでしょう。沿岸部を中心に雨が降りそうです。20日にかけても曇りや雨の梅雨空が続きますが、21日には再び晴れ間がありそうです。前線の動きによっては、雨雲のかかる範囲や雨の降り方が変わる可能性もありますので、最新の予報をご確認ください。

週末以降も、最高気温は平年より高い状態が続き、雨が降っても、ムシムシと感じられそうです。体調管理、食品の管理にお気をつけください。