きょう15日も広く梅雨空。局地的に雨脚が強まり、激しい雨も。東北はいよいよ梅雨入りか。

太平洋側で激しい雨も

画像A

きょう15日も、梅雨前線が沖縄付近から南の海上にのびるでしょう。前線上の低気圧は夜には関東沖へ進み、別の低気圧が日本海を進む予想です。

沖縄は断続的に雨が降るでしょう。九州から東海は昼頃まで、関東は夕方まで雨の降る所が多くなりそうです。発達した雨雲は海上が中心ですが、局地的に雷を伴って雨脚が強まり、南東に開けた斜面を中心に激しい雨が降るおそれも。落雷や突風などにも注意が必要です。また低気圧が近づく伊豆諸島は、夕方にかけて激しい雨の降る所があるでしょう。

東北は曇りや雨で、午後は北部を中心に雨の範囲が広がりそうです。きょう15日にも梅雨入りの発表があるかもしれません。強い雨が降ることはなさそうですが、お出かけの際は雨具をお持ちください。

北海道は、日中は日差しがあるものの、夜は南西部を中心に所々が雨が降るでしょう。

九州〜近畿は暑さ復活 関東・東北はヒンヤリ

きょう15日の予想最高気温です。

那覇は29℃と、沖縄では蒸し暑さが続くでしょう。九州から近畿は、25℃以上の夏日の所が多くなり、九州は30℃近くまで上がる所もありそうです。きのう14日よりも5℃以上高い所がほとんどで、こまめに水分をとるなど、熱中症にご注意ください。東海は23℃くらい、北陸は25℃前後の予想。ムシッと感じられそうです。

関東と東北は、朝から気温があまり上がりません。東京都心など、最高気温が20℃に届かない所もあるでしょう。関東はヒンヤリした風が吹いて、きのう14日と同じような体感になりそうです。

北海道は20℃前後の所が多く、過ごしやすいでしょう。ただ、内陸部やオホーツク海側では、25℃以上の夏日になる所もありそうです。