あす16日は日差しが戻り、広く夏日に。その先、度々雨雲が通過。気温は平年並みか高い所がほとんどで、湿度も高く蒸し暑い。

1週目:16日(木)〜22日(水)

あす16日は、北と南ほど雨が降りやすい状況。北海道と東北北部は、低気圧が通過するため日本海側を中心に雨。沖縄は梅雨前線の影響で曇りや雨で、局地的に激しい雨が降るでしょう。
一方、九州から東北南部にかけて、朝晩は所々でにわか雨がありますが、日中は晴れ間が広がるでしょう。気温は25℃を超える所が多く、30℃前後まで上がる所もありそうです。「東海、関東甲信、東北南部」は、きのう14日の日中は20℃に届かなかった所が多く、きょう15日もこの時期としては低い状態が続く見込み。一転、あす16日はグンと上がりますので、体調を崩さないようお気を付けください。
17日と18日も日差しがありますが、その先は各地で曇りや雨となるでしょう。広く雨となるのは19日頃で、九州から近畿の太平洋側を中心に雨脚が強まる可能性も。気温は、曇りや雨の日も高めで、多くの所で25℃を超える予想です。

2週目:23日(木)〜28日(火)

画像B

この期間は、沖縄は晴れる日が多くなる見込みで、梅雨明けの便りが届きそうです。
一方、九州から北海道にかけては、曇りや雨の日が多いでしょう。特に、24日頃は南から高温多湿な空気が流れ込むことが予想され、雨雲が発達しそうです。

気温は、北海道は平年を下回る日が多いものの、東北や北陸、関東以西は平年並みか高めで経過するでしょう。湿度も高く、蒸し暑く感じられそうです。食中毒の原因となる細菌が繁殖しやすくなりますので、体調管理に加え、食品の管理にも気を配ると良さそうです。