きょう16日は、梅雨寒が解消し、関東など梅雨の晴れ間で気温が急上昇。最高気温はきのう15日よりも10℃も高くなる所もありそうです。急に暑さが戻りますので、熱中症など体調管理にご注意ください。

梅雨の晴れ間 でも天気急変に注意

画像A

きょう16日は梅雨前線がやや南下するでしょう。

九州は北部を中心におおむね晴れる見込みです。中国、四国、近畿、東海、関東甲信は雲が多めながらも青空がのぞいて、梅雨の晴れ間となる所が多いでしょう。ただ、大気の状態が不安定となり、山沿いを中心に急な雨や雷雨の所がありそうです。晴れていても天気の急変にご注意ください。

一方で、北陸は雲に覆われて、所々で雨や雷雨となりそうです。きのう15日に梅雨入りしたばかりの東北は、南部では晴れ間の出る所もあるでしょう。ただ、午後は急な激しい雨や雷雨に注意が必要です。東北北部は曇りや雨の梅雨空となるでしょう。北海道は雨が断続的に降りそうです。夜のはじめ頃にかけて、雷を伴う所がありますので、落雷や突風にご注意ください。

沖縄や奄美など 激しい雨や雷雨

九州南部と沖縄、奄美は梅雨前線の影響を受けるでしょう。大気の状態が非常に不安定で、特に朝までは局地的な激しい雨や雷雨がありそうです。これまでに降った雨で地盤の緩んでいる所がありますので、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意が必要です。沖縄と奄美は梅雨明けも間近ですが、梅雨末期の大雨に十分ご注意ください。

気温急上昇 前日より10℃アップも 熱中症要注意

画像C

最高気温は、九州から関東甲信、東北の太平洋側を中心に、きのう15日よりも気温が急上昇するでしょう。関東甲信などでも30℃近くまで上がる所が多いでしょう。きのうより10℃前後も高くなる所もありそうです。きのう15日はジャンパーなど羽織るものが必要なほどでしたが、一転して、半袖の陽気になるでしょう。急に暑くなると、熱中症への危険も高まります。こまめな水分補給や適度な塩分補給などを心掛け、熱中症にならないように体調管理にご注意ください。