16日木曜は、東北の太平洋側や関東で梅雨寒が解消するでしょう。福島市では、すでに最高気温が25℃以上の夏日になりました。東京都心では、当初の予想よりも気温の上がるペースが遅れていますが、それでも3日ぶりに気温が20℃を超えました。午後は、更に暑くなりますので、熱中症にご注意ください。

東北の太平洋側や関東 梅雨寒が解消

15日水曜は、東北南部・東北北部で梅雨入りしましたが、東北の太平洋側では、昼間も気温があまり上がりませんでした。15日水曜の最高気温は、仙台市は19.3℃と5月上旬並み、福島市は19.5℃と4月下旬並みでした。

関東では梅雨寒が続いて、東京都心の最高気温は、14日火曜は18.6℃、15日水曜は18.7℃と、2日連続して、4月並みでした。

ただ、16日木曜は、このヒンヤリした状態が解消してきています。

16日木曜10時30分までの最高気温は、福島市は25℃を超え、すでに夏日になりました。仙台市は23℃台まで上がってきました。

東京都心は、朝から雲が取れにくく、当初の予想よりも気温の上がるペースが遅くなりましたが、それでも南風が気温を押し上げ、10時過ぎに、気温が20℃を超えました。気温だけでなく、湿度も高くなっています。

午後は更に暑く 「真夏日」予想の所も

画像B

16日木曜の午後は、東北の太平洋側や関東では、広く晴れてくるでしょう。天気の回復が遅れている関東でも、日差しがでてくる見込みです。

この日差しによって、気温がグングン上がり、最高気温は仙台市は26℃の予想です。福島市は30℃と、真夏日(最高気温30℃以上)になる可能性があります。東京都心は28℃と、きのう15日水曜までの「4月並みの肌寒さ」から一転、「7月並みの暑さ」になる予想です。

急に暑くなりますし、気温だけでなく、湿度も高いので、熱中症の危険度が高まります。十分な注意が必要です。

熱中症を予防するには

画像C

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。

② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。

③ エアコン使用中も、こまめな換気を行いましょう。換気のためには、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気をしたら、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。