東海地方は、この先、21日(火)頃から、湿った空気や梅雨前線の影響で、雨が降りやすいでしょう。夜も気温があまり下がらず、熱帯夜となる日も出てきて、蒸し暑さが一段と増しそうです。本格的な雨への備えに加えて、体調を崩さないよう健康管理にも気をつけて下さい。

東海地方 久しぶりの青空

きょう17日の東海地方は、昼頃から青空が見えてきて、貴重な梅雨の晴れ間となりました。
日差しと共に気温も上がり、名古屋市千種区では、15時までの最高気温が31.0℃を観測し、6月3日以来の真夏日となりました。
今週は、14日(火)に梅雨入りして曇りや雨の日が続き、また、「梅雨寒」となった日もあり、寒暖差が大きい週となりました。十分な休息をとるなどして、健康管理に気をつけて下さい。

きょう17日15時現在、東海地方で雨が降っている所はほとんどなく、晴れている所が多くなっています。今夜も、湿った空気の影響で多少雲の広がる所がある程度で、晴れる所が多いでしょう。

2週間天気前半:18日(土)〜24日(金)

画像B

晴れの天気は長続きせず、あす18日(土)は、前線が一時的に本州の南岸まで北上し、前線に伴う雨雲が東海地方にかかる見込みです。

あす18日は、変わりやすい天気で、朝から所々で雨となるでしょう。夜には広い範囲で雨となり、19日(日)の未明から明け方頃まで降り続く見込みです。
また、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過するため、あす18日の夜以降、発達した雨雲がかかる地域もあるため、最新の情報に注意が必要です。

19日(日)の日中は、前線が次第に遠ざかるため、天気が回復し、晴れる所が多いでしょう。
最高気温は、30℃前後まで上がり、蒸し暑くなりそうです。また、週明け20日(月)も、梅雨の晴れ間が続く見込みです。

その後、21日(火)以降は、前線が北上し、湿った空気も入りやすくなるでしょう。
曇りや雨で、すっきりしない天気が続く見込みです。また、南から暖かな空気が入るため、夜もあまり気温が下がらず、最低気温は25度前後と、熱帯夜となる日も出てきそうです。昼間だけでなく、夜もエアコンを使用するなどして、熱中症対策を心がけて下さい。また、お弁当などは食中毒対策をしっかりとしましょう。

2週間天気後半:25日(土)〜30日(木)

画像C

2週間天気後半は、梅雨前線が更に北上し、本州付近に停滞しやすいでしょう。前線に向かって、暖かく湿った空気が入るため、熱帯夜となる日もあり、最低気温、最高気温ともに平年より高い日が多そうです。一層、蒸し暑さが増すため、体調を崩さないよう気をつけて下さい。

なお、この時期、天気予報などでよく聞く不快指数は、蒸し暑さを数値で表したものです。
数字が大きいほど蒸し暑く不快であると言えます。不快指数も参考に、その日の服装や暑さ対策をするのもよさそうです。

また、雨が数日続き、まとまった雨量となることもありそうです。6月の終わり頃は雨の降り方に注意し、常に最新の気象情報をチェックするようにしましょう。

ハザードマップの確認を

画像D

この土日も、局地的に強まる雨に注意が必要ですが、局地的な大雨に備えて、ハザードマップを今一度確認しておきましょう。家の近くで浸水の可能性がある場所や、土砂災害の危険性の高い場所を把握しておくとよいでしょう。また、周辺地域で過去に起きた災害を把握し、起こりやすい災害を知っておきましょう。