きょう18日は、梅雨前線の影響で、九州から東海にかけての太平洋側で雨が降り、関東にも雨雲が接近してきています。午後は関東各地に雨雲が広がり、夜には千葉県など南部を中心に雨の降り方が強まる見込みです。

東海などに活発な雨雲

きょう18日は、本州の南岸に停滞する梅雨前線に向かって、南から湿った空気が流れ込み、前線の活動がやや活発になっています。

正午の雨雲レーダーをみると、静岡県から紀伊半島にかけて雨雲がかかっていて、静岡県や愛知県などでは局地的に雨雲が発達しています。関東でも神奈川県の西部には雨雲がかかり始めています。

関東南部 今夜〜あす(19日)明け方は激しい雨も

画像B

この後、雨雲が東へ進む見込みで、午後は関東の広い範囲で雨が降るでしょう。夜になると神奈川県や千葉県など関東南部を中心に雨が強まり、特に千葉県ではあす(19日)の明け方にかけて局地的にカミナリを伴って1時間に30ミリの激しい雨が降る予想です。

また、関東南部では午後は次第に南風が強まって、傘が飛ばされやすくなりそうです。時間が経つにつれて雨や風が強まるので、遅くまで外出される方ほど注意が必要です。