今夜〜あす(19日)にかけては、上空の寒気や湿った空気の影響で、各地で大気の状態が非常に不安定になるでしょう。局地的に雨雲やカミナリ雲が急発達するため、突然の激しい雨や落雷、竜巻などの突風、ひょうに十分ご注意ください。

今夜は関東南部で激しい雨 そのほかも局地的に雨雲発達中

画像A

今夜は、梅雨前線の影響を受ける関東は広い範囲で雨が降り、都心周辺にも雨雲がかかり始めています。日付が替わる頃になると、千葉など関東南部を中心に激しい雨の降る所があるでしょう。

また、午後5時現在、北海道や山陰、沖縄などでも局地的に雨雲が発達して、落雷を観測している所もあります。今夜にかけて所々でカミナリを伴った強い雨が降るでしょう。

特に沖縄本島は、これまで大雨となっているので、土砂災害や川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。

あす19日 北海道〜関東北部で急な激しい雷雨の恐れ

あす19日は、北日本の上空に寒気が流れ込み、更に地上付近には暖かく湿った空気が入るため、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。

北海道や東北、関東北部などでは、午後から局地的に雨雲やカミナリ雲が急発達するでしょう。突然の激しい雨によって道路が冠水したり、落雷や竜巻などの突風によって停電や倒木が発生する恐れがあります。大粒のひょうが降ってくる可能性もあるため、十分な注意が必要です。

竜巻をもたらす積乱雲 前触れは?

画像C

竜巻が発生しやすい気象状況になると、気象庁は「竜巻注意情報」を発表して、注意を呼びかけます。また、「雷注意報」が発表されている時も竜巻が発生しやすくなります。

ただ、屋外にいる時など「竜巻注意情報」や「雷注意報」の情報を得ることができない場合もあります。竜巻が発生するのは「発達した積乱雲の下」ですので、普段から、積乱雲が近づく前触れを覚えておきましょう。

①ゴロゴロという雷の音が聞こえたり、雷の光が見えたりする。
②ヒヤッとした冷たい風が吹く。
③日中なのに真っ黒い雲が近づき、周囲が急に暗くなる。

また、大粒の雨が降りだしたり、ひょうが降りだしたりします。竜巻の前に、これらの前触れが必ず発生するとは限りませんが、早めに異変に気付くことが大切です。たとえ竜巻が発生しなくても、発達した積乱雲の近くでは、落雷やひょうなどでけがをする恐れがあります。少しでも異変を感じたら、早めの避難が必要です。

あす19日 暑さにも注意

画像D

あす19日は暑さにも注意です。あすの予想最高気温は、ほとんどの所で7月上旬から下旬並みです。東北南部から九州は30℃くらいまで上がる所が多く、真夏日が200地点近くになりそうです。東京都心も30℃の予想で、今年2回目の真夏日になるでしょう。

各地とも湿度が高く、かなりの蒸し暑さとなりそうです。汗が乾きにくく、熱が体にこもりやすくなるので、熱中症の危険性が高まります。こまめに水分や休憩をとって、無理なくお過ごしください。