きょう19日は、九州から東北は晴れて気温がグングン上昇。最高気温は30℃前後まで上がり、30℃以上の真夏日が予想されている所も。きのう18日よりも真夏日地点がグッと増えそうです。午後は大気の状態が不安定で、局地的に激しい雨や雷雨に。天気の急変に要注意。

きょうの天気は?

きょうは高気圧に緩やかに覆われますが、上空の寒気や湿った空気の影響を受けるでしょう。また、梅雨前線が九州南部に停滞する見込みです。

沖縄は雲が広がり、所々で、にわか雨や雷雨がありそうです。局地的に激しく降るでしょう。奄美と九州南部も雨が降り、昼頃から局地的に雷を伴って激しく降りそうです。非常に激しく降る所もあるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などにお気をつけください。

九州北部、中国、四国、近畿、東海は、日中は大体晴れるでしょう。ただ、変わりやすい天気で、午後は局地的に激しい雨や雷雨となりそうです。もくもくと黒っぽい雲が近づいたら、天気急変のサインです。お出かけされる際は、念のため雨具の準備をしておくと安心です。また、洗濯物も急な雨に濡れないようにご注意ください。

東北は雲に覆われる所が多いですが、南部で晴れ間がありそうです。ただ、午後は雲が広がりやすく、雷を伴って激しく降りそうです。
北海道は日本海側の一部で晴れ間が出るものの、雲が多いでしょう。午後を中心に雨雲や雷雲が沸きそうです。空模様の変化にご注意ください。

きょうはどのくらい暑くなる?

最高気温は、東海や関東甲信を中心に、きのう18日よりも高くなりそうです。沖縄と九州から東北は30℃前後まで上がり、30℃以上の真夏日になる所もあるでしょう。きのう18日以上に真夏日の所が増えそうです。

東京都心は29℃、大阪は30℃の予想ですが、もし30℃以上になれば、どちらも5月29日以来、21日ぶりの真夏日になりそうです。名古屋は2日ぶりの真夏日でしょう。まだまだ30℃以上の暑さに慣れていない方も多いと思いますので、無理をしないように、こまめな水分補給をしたり、休憩をしたりなど、熱中症にならないようにお気をつけください。