19日(日)は、関東など本州では梅雨の晴れ間となっていますが、油断禁物です。午後は大気の状態が非常に不安定となり、東海や関東甲信から東北、北海道を中心にゲリラ雷雨や竜巻などの突風、ひょうに注意が必要です。

ゲリラ雷雨に注意

画像A

きょう19日(日)は、九州北部〜東北にかけて梅雨の晴れ間となっていますが、油断禁物です。午後は大気の状態が不安定となり、あちらこちらで雨や雷雨となるでしょう。

きょう19日(日)は、上空の寒気や日中の気温上昇で、東海や関東甲信から東北、北海道を中心に大気の状態が非常に不安定となる見込みです。発雷確率(雷が発生する確率)は、北海道や関東甲信の内陸を中心に80%以上と非常に高くなっています。

ゲリラ的な降り方となるため、自分が住んでいる町で激しく降っていても、隣町では晴れているという局地的な降り方となりそうです。発達した雷雲の下では、竜巻などの激しい突風や、ひょうにも注意が必要です。

ゲリラ雷雨の前兆

画像B

ゴロゴロと雷鳴が聞こえる、急に冷たい風が吹く、日中であれば黒い雲が見えたら、雷雲が近づいているサインです。頑丈な建物に避難しましょう。

また、川の上流で雷雨があると、下流では晴れていても急に増水することがあります。外のレジャーは無理のないよう、十分に注意しましょう。