きょう20日は、九州や奄美地方では雨で、激しく降る所もあるでしょう。晴れる所も、急な雨や雷雨に注意が必要です。最高気温は、東北や関東から西では30℃くらいの所が多いでしょう。蒸し暑いので、熱中症対策を心がけてください。

きょう20日の天気は?

きょう20日は、梅雨前線が、九州を通って本州の南に停滞するでしょう。

沖縄は晴れますが、次第に雲に覆われ、あちらこちらで雨や雷雨となりそうです。

九州南部や奄美地方は雨で、午前中は局地的に雷を伴い、激しく降るでしょう。奄美地方では、これまでの雨で、地盤が緩んでいるおそれがあります。昼前まで、土砂災害の危険度が高い状態が続きますので、厳重な警戒が必要です。

四国も梅雨空でしょう。傘マークがなくても、所々で雨や雷雨となりそうです。お出かけには雨具をお持ちになると、安心です。

九州北部や中国地方から関東は日差しがあっても、午後を中心に、急な雨や雷雨に注意が必要です。お出かけには、晴雨兼用の傘があると良さそうです。

東北は広く天気が回復するでしょう。ただ、東北南部では、午後は局地的に雨が降り、雷が鳴りそうです。空模様の急な変化に、お気をつけください。

北海道は晴れ間もでますが、上空の寒気の影響で、大気の「非常に不安定」な状態が続くでしょう。あちらこちらで雨雲や雷雲が発達しそうです。夕方にかけて、大雨による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水、竜巻などの激しい突風や落雷、雹(ひょう)に、ご注意ください。

最高気温は?

画像B

最高気温は、沖縄は30℃前後で、蒸し暑いでしょう。

九州南部や四国は26℃くらいですが、湿度が高いので、ムシムシと感じられそうです。

九州北部や中国地方〜東北南部では30℃くらいでしょう。関東の内陸部では33℃くらいまで上がる所もありそうです。仙台は31℃と、今年初めて「真夏日(最高気温30℃以上)」になるでしょう。無理をしないで、こまめに水分を補給するなど、熱中症対策を、心がけてください。

北海道は、22℃くらいの予想です。北部を中心に、きのう19日ほど上がりませんので、こちらは服装選びに、ご注意ください。