関東では、きょう20日のポイントは2つ、「天気急変のおそれ」と「蒸し暑さ」です。晴れていても、突然の雨や雷雨に注意が必要です。内陸部では最高気温が33℃くらいまで上がる所もありますので、熱中症にも十分お気をつけください。

ポイント① 天気急変のおそれ

画像A

きょう20日の関東は、高気圧に緩やかに覆われますが、日本の南に停滞する梅雨前線や、湿った空気の影響を受けるでしょう。

そのため、ポイントの1つめは「晴れても、天気急変のおそれがある」ということです。傘マークはありませんが、昼頃からあちらこちらで、雨雲や雷雲が発達するでしょう。関東南部の内陸部では、局地的に雨が激しく降りそうです。落雷や突風、急な強い雨に、注意が必要です。

「真っ黒な雲が近づいてきた」「雷の音が聞こえてきた」「急に冷たい風が吹いてきた」こんな時は、発達した雨雲や雷雲が近づくサインです。すぐに安全な所へ避難するなど、空模様の変化に、お気をつけください。

ポイント② 蒸し暑さ

画像B

そして、もう1つのポイントは「蒸し暑さ」です。

最高気温は、きのう19日と同じくらいで、30℃前後の所が多いでしょう。前橋など、内陸部では、33℃くらいまで上がりそうです。真夏のような暑さで、湿度も高いので、かなり蒸し暑く感じられそうです。

できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。汗を大量にかいたら、適度に塩分も補給してください。

なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子を活用しましょう。急な雨や雷雨に備えて、晴雨兼用の傘が良さそうです。

エアコンを使う際も、こまめに換気を行いましょう。換気のためには、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気をしたら、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。