あす21日、梅雨前線の活動が活発になり、九州は大雨のおそれがあります。今週、九州は梅雨空が続き、どこで大雨が降ってもおかくしくない気象状況となります。雨の降り方に十分に警戒して下さい。

20日午後 いったん天気小康

画像A

きょう20日、梅雨前線は九州南部付近に延びており、けさは鹿児島県で一時雨脚が強まった所がありました。
九州南部付近の活発な雨雲は東へ抜けてきています。
九州南部は昼頃まで雷を伴い雨脚が強まる所がありますが、午後はいったん天気は小康状態にな見込みです。

また、大陸にかけて雲が連なっており、大陸東岸付近には発達した積乱雲も発生しています。あす21日にかけて九州付近へ進んでくる見込みです。

21日 梅雨前線活動強めて北上

画像B

あす21日「夏至」は、梅雨前線が活動を強めながら九州北部付近まで北上する見込みです。九州は各地で本格的な雨となり、雷を伴い滝のような非常に激しい雨やバケツをひっくり返したような激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。予想雨量は、九州南部や熊本県、長崎県の多い所で100ミリを超え、150ミリに達する所もある見込みです。

土砂災害に警戒して下さい。また、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

今週 九州は大雨が降りやすい気圧配置

画像C

あさって22日も、九州は一時雨が降るでしょう。23日(木)以降は前線が九州の北まで押し上げられて、九州は高温多湿な空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になります。九州北部付近を中心に局地的に雨雲が発達しやすくなります。そして、24日(金)から25日(土)は梅雨前線が再び九州北部付近まで南下する見込みです。

今週から来週の初めにかけて、九州は梅雨の末期によく見られる気圧配置となり、集中豪雨などの大雨が降りやすいパターンになります。九州はいつどこで大雨が降ってもおかしくない気象状況になりますので、大雨に対して十分に警戒をして下さい。

九州 7月早々に夏空

画像D

6月末からはさらに太平洋高気圧の北への張り出しが強まるため、梅雨前線をさらに北へ押し上げ、九州付近は夏空が広がる見込みです。7月上旬にかけて、九州は晴れて厳しい暑さが訪れそうです。九州は平年よりかなり早い梅雨明けの可能性がでてきています。

ことし九州の梅雨の大雨は、短期集中型になりそうです。こまめに最新の気象情報をご確認下さい。